プロモーション利用

【フェア】IACK アートブックの現在地

アート
蔦屋書店2号館 1階 写真コーナー平台 2020年02月07日(金) - 03月08日(日)
写真集、作品集、アートブック、アーティストブック、ジン。
 
呼称やニュアンスの違いはあるものの、これらの「本」は全て、現代の写真家たちの作品制作と発表においてかつてなく重要な役割を担っている。
 
特に去りし10年代においては作家や個人たちの手により、本というフォーマットを用いた活動と表現の可能性が世界各地で模索された。

デジタル技術やプラットフォームの発展が進む中、なぜ彼らは本という形態に注目し、そしていかにして本は現代写真における最重要メディアとなったのか。

写真家でありIACKを主宰する河野幸人。

河野氏が選ぶ写真集や作品集から、アートブックの価値・現在地が見えてくるのではないだろか。
 
 
【関連イベント】河野幸人×横田大輔 トークイベント:写真表現としてのアートブックの現在
 
 
【プロフィール】
河野 幸人 (Yukihito Kono)
写真家、IACK代表。
1989年、金沢市生まれ。2011年に渡英し、London College of Communicationにて写真を学ぶ。2014年に発表した作品『Raster』は、アメリカの写真専門ギャラリー「Photo-eye」の主宰する年間ベストブックリストの1冊に選出される。写真家としての活動の傍ら、各国のアートブックフェアへの参加や執筆活動を行うなど、作品集というメディアを軸に多岐に渡り活動。2017年にはオルタナティブスペース、IACKを金沢市にオープン。国内外作家の作品や作品集の展示、販売、ディストリビューションを行う。
https://yukihitokono.com/

IACK
IACK(アイアック)は、2017年に写真家の河野幸人のアトリエとして設立。「開かれた書斎」というコンセプトのもと週末は一般開放を行い、独立系出版社の作品集、および自費出版作品の展示/販売や、国内外作家の作品展を行う。2018年より作品集のディストリビューション業を開始。
https://iack.studio/
  • 会期 2020年2月7日(金)~2020年3月8日(日)
  • 時間 7:00~深夜2:00(営業時間)
  • 場所 蔦屋書店2号館 1階 写真コーナー平台
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 共催・協力 :IACK,WELL
  • 問い合わせ先 03-3770-2525
一覧に戻る

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト