イベントスペース

【イベント】新井和宏×高橋博之『共感資本社会を生きる』刊行記念!「新しいお金eumo体験会」

人文
蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース 2019年 12月18日(水)
※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※ ※オンラインストアでの参加受付は終了いたしました。
「いい会社」への投資で利益を出す鎌倉投信の創業者にして、「共感資本社会」の実現を目指してeumoを起業した新井和宏さん。

世界初の食材つき雑誌『東北食べる通信』創刊編集長にして、生産者(一次産業従事者)と消費者を直接つなげるポケットマルシェCEO、さらには「関係人口」提唱者でもある高橋博之さん。

「お金」と「食」、「金融」と「一次産業」、それぞれの方法で社会を変えようとしているふたりが、これからの社会のかたちと、新しい生き方を本音で語り合った『共感資本社会を生きる』が発売されました。こちらを記念して、おふたりの講演を開催します。

ですが、ただ話を聞くだけじゃもったいない。新井さんがつくった「新しいお金eumo」を実際に使ってみる体験会も実施します。名付けて「出張eumo」。「現地に行って人に会わないと使えない」お金eumoを使って、この日のためだけに出品された「円」では買えない商品が買えます。ほかに、高橋さんがつくった生産者と直接つながれるポケットマルシェのデモンストレーションも行います。

eumo (ë)ダウンロード先: https://currency.eumo.co.jp/user
eumo (ë) 登録方法について: https://currency.eumo.co.jp/images/howto.pdf
 
店内でのイベントです。60分ほどのトークのあと、体験会を開催します。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、いずれかの対象商品をご予約・ご購入頂いたお客様がご参加いただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭 (1号館1階 レジ)
②お電話 03-3770-2525 (人文フロア)
オンラインストア 

【対象商品】
・書籍『共感資本社会を生きる』(ダイヤモンド社・1,760円/税込)+イベント参加券(440円/税込)セット 2,200円(税込)
・イベント参加券 1,100円(税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
新井和宏 (あらい・かずひろ)
株式会社eumo 代表取締役/鎌倉投信株式会社 ファウンダー 1968年生まれ。東京理科大学卒。
1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007-2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。 2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い 2101」の運用責任者として活躍。
2018年9月、共感資本社会の実現を目指して株式会社eumo(ユーモ)を設立。2019年9月から、共感コミュニティ電子地域通貨eumo(ユーモ)の実証実験をスタート。貯められない、現地に行かないと使えない、など、ユニークな仕組みで共感が循環する社会の実現を目指している。 著書に、『投資は「きれいごと」で成功する』(ダイヤモンド社)、『持続可能な資本主義』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』(イースト・プレス)がある。

高橋博之 (たかはし・ひろゆき)
株式会社ポケットマルシェ代表取締役CEO/一般社団法人 日本食べる通信リーグ 代表理事/NPO法人 東北開墾代表理事/『東北食べる通信』創刊編集長
1974年、岩手県花巻市生まれ。青山学院大学卒。岩手県議会議員を2期務め、2011年9月巨大防潮堤建設へ異を唱えて岩手県知事選に出馬するも次点で落選し、政界引退。
2013年、NPO法人東北開墾を立ち上げ、世界初の食べ物付き情報誌『東北食べる通信』を創刊し、編集長に就任。翌年、グッドデザイン大賞候補に選出され、決選投票の結果2位に(グッドデザイン金賞受賞)。2014年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設し、同モデルを日本全国、台湾の50地域へ展開。第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞受賞。
2016年、生産者と消費者を直接つなぐスマホアプリ「ポケットマルシェ」を開始。翌年、日本最高峰ピッチコンテスト「新経済サミット」で優勝。
2018年、47都道府県を車座行脚する「平成の百姓一揆」を敢行。「関係人口」提唱者として、都市と地方がともに生きる社会を目指す。
2019年2月14日(木)「カンブリア宮殿」(テレビ東京系列)に出演。
著書に、『だから、ぼくは農家をスターにする』(CCCメディアハウス)、『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)が、共著に『人口減少社会の未来学』(内田樹編、文藝春秋)がある
  • 会期 2019年12月18日(水)
  • 定員 70名
  • 時間 19:00~21:00(15分前に開場)
  • 場所 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 共催・協力 株式会社eumo、株式会社ポケットマルシェ、ダイヤモンド社
  • 問い合わせ先 03-3770-2525
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト