イベントスペース

【オンライン配信(Zoom)】『マイノリティデザイン』(ライツ社)刊行記念 澤田智洋×佐渡島庸平 トークイベント ――多様性の時代に、なぜ今「弱さ」が注目されるのか?

人文
Zoomウェビナー機能を使用したオンラインライブ配信 2021年 04月22日(木)
マイノリティが抱えるある意味での「弱さ」を起点に、社会を変えるアイデアを発明する。
それが、「福祉の世界で活躍する」異能のコピーライター、澤田氏の提唱する「マイノリティデザイン」です。

佐渡島氏は、本書の冒頭にこんな推薦コメントを寄せています。

***

あなたが苦手な競技があったとする。
苦手を克服するために猛特訓するか。それとも、自分がプレーしやすいようにルール変更を要請するか。どちらを選ぶだろうか?

これまでの社会では、前者の選択肢をとることが美徳と考えられてきた。必死に努力をし、勝ち抜くことが賞賛されてきた。
受験競争も出世レースも、そういった競技のひとつだ。

だが、いまは違う。

多様性が認められる社会において、マイノリティの人たちが生きやすいように枠組みや仕組みを整えるルールチェンジャーが賞賛される時代へと変化してきている。
こうなると、従来はネガティブに捉えられていた「苦手」「できない」は、新しいルールを生み出すキッカケとして大きな武器になる。

できないものを持っている弱者が、価値を生み出す強者になるという逆転現象が、さまざまな場所で起こっている。
澤田さんは、この時代の変化に改めて気づかせてくれた。

澤田さんには、目の見えない息子がいる。
僕はそれを、うらやましいとさえ思った。

***

佐渡島氏の著書『僕らの仮説が世界を作る』には、「すべての革命は一人の仮説から始まる」という言葉があります。
澤田氏の著書『マイノリティデザイン』には「クリエイティブは、マスではなくたった一人のために」という言葉があります。

「多様性」「ダイバーシティ」「SDGs」……さまざまな言葉で、社会や企業の変化の必要性が叫ばれる時代に、なぜ今、「弱さ」が注目されるのか。
「マイノリティデザイン」という発想法が、なぜ革命的なのか?

漫画と福祉、活躍する分野は違えど、同じ「クリエイティブの最前線」を走るお二人の対談から、その理由と背景をたっぷりと学ぶ1時間半です。

【参加条件】
イベントチケット予約・販売サービス「Peatix」にて、いずれかの対象商品をご購入いただいたお客様がご参加いただけます。

【対象商品】
・イベント参加券 1,650円(税込)
・書籍『マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう』(ライツ社・1,870円/税込)+イベント参加券(550円/税込)+送料(500円/税込) セット 2,920円(税込)
・書籍『文庫 ぼくらの仮説が世界をつくる』(PHP研究所・858円/税込)+イベント参加券(550円/税込)+送料(500円/税込) セット 1,908円(税込)
・書籍『マイノリティデザイン 弱さを生かせる社会をつくろう』(ライツ社・1,870円/税込)+ 書籍『文庫 ぼくらの仮説が世界をつくる』(PHP研究所・858円/税込)+イベント参加券(無料)+送料(500円/税込) セット 3,228円(税込)
※『文庫 ぼくらの仮説が世界をつくる』は2021年4月3日(土)に入荷予定です。入荷後に配送いたします。
※Peatixで取得したお客様の個人情報は、本イベントへお申し込み頂いた方への商品発送にのみ使用し、それ以外での使用は行いません。個人情報のお取り扱いについてご同意の上、お申込み下さい。
 
受付締め切り: 2021年4月22日(木) 18:00まで 
 
【オンラインイベント アーカイブ配信のお知らせ】
本オンラインイベントにお申込みのお客様は、 イベント終了後、一定期間イベントのアーカイブ配信をご視聴頂けます。
日時にご都合がつかない場合や、もう一度見たい場合などにご利用ください。
なお、イベント終了後は、アーカイブ配信のみの販売等はございませんのでご注意ください。
アーカイブ配信視聴方法につきましては、対象商品をご購入のお客様あてに、当日イベント開始前に送信される「リマインドメール」にてご案内いたします。
 

- オンライン配信イベント(Zoom)につきまして -

代官山 蔦屋書店主催のオンライン配信イベントは、Zoomのウェビナー機能を使ってライブ配信をいたします。
ご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
※ イベントはPC、スマホ、タブレットからご視聴可能ですが、 事前にZoomのアプリを予めダウンロードしていただく必要がございます。 お手数ですが、下記よりイベント前にダウンロードをお願いいたします。
 ▶https://zoom.us/download#client_4meetingよりアプリのダウンロードが可能です。
※ 今回のイベントで利用するウェビナー機能では、ホスト、パネリスト以外に、視聴者の皆様のお顔が配信画面に映ることはありません。
※ 「チャット」機能を使って皆さまからの質問やコメントをお寄せいただくことが可能です。
※ 本イベントはライブ配信イベントです。録音録画はご遠慮願います。
※ 今回ご利用いただいたメールアドレス、お名前を他に使用することはございませんので、ご安心ください。
※ 当日ご来店いただいてもイベントをご観覧いただくことはできません。
※ 配信のURLとご案内は、ご予約いただいたチケットサイトを通して順次メールでお送りいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※ URLの共有、第三者への譲渡はご遠慮ください。
※ ご視聴の通信環境の悪化などにより、配信が途切れた場合の返金はいたしかねます。

- 参加券購入からご参加までの流れ -

① ご予約、お申し込みはイベントチケット予約・販売サービス「Peatix」にて行います。代官山 蔦屋書店での販売は行っておりません。ご注意くださいませ。「Peatix」にて参加券をお申し込み後、ご購入確認メールをお送りします。

② 後日、Zoomウェビナーへの招待メールをお送りします。その際、下記ドメインのメールを受信できるように、 迷惑メール設定から解除、もしくは受信設定をお願い致します。「@peatix.com

③ メールに記載されたURLのリンクからご視聴いただけます。 ウェビナー視聴の際に、お名前とメールアドレスの入力画面が表示されますので、ご入力をお願いいたします。
 
※Zoomアプリのダウンロードがされている場合は、アプリが起動し、イベントにご参加いただけます。

④ 入力後、次のような画面がでてまいりますので、接続までお待ちください。
 

⑤ こちらで視聴の準備が整いました。当日は開始時間の15分前から接続可能でございます。Zoomのご利用が初めての方、視聴に不安のある方は早めにご確認をお願いいたします。

ご不明な点がございましたら「daikanyama.tsutayabooks.onlineevent@ccc.co.jp」に事前にお問い合わせください。
 
【プロフィール】
澤田 智洋 (さわだ・ともひろ)
コピーライター/世界ゆるスポーツ協会代表理事
1981年生まれ。言葉とスポーツと福祉が専門。幼少期をパリ、シカゴ、ロンドンで過ごした後、17歳で帰国。2004年、広告代理店入社。アミューズメントメディア総合学院、映画「ダークナイト・ライジング」、高知県などのコピーを手掛ける。2015年にだれもが楽しめる新しいスポーツを開発する「世界ゆるスポーツ協会」を設立。これまで80以上の新しいスポーツを開発し、10万人以上が体験。また、一般社団法人障害攻略課理事として、ひとりを起点に服を開発する「041 FASHION」、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」など、福祉領域におけるビジネスを推進。著書に『ガチガチの世界をゆるめる』(百万年書房)、最新刊に『マイノリティデザイン』(ライツ社)がある。
Twitter:@sawadayuru

佐渡島 庸平 (さどしま・ようへい)
編集者/株式会社コルク代表取締役社長
2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年講談社退社後、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテインメントのモデル構築を目指している。
Twitter:@sadycork
Youtube:編集者 佐渡島チャンネル
  • 会期 2021年4月22日(木)
  • 定員 Peatix 購入ページ参照
  • 時間 18:00~19:30(15分前より接続可能です)
  • 場所 Zoomウェビナー機能を使用したオンラインライブ配信
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 共催・協力 ライツ社
  • 問い合わせ先 daikanyama.tsutayabooks.onlineevent@ccc.co.jp
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト