イベントスペース

【フェア】中原淳一フェア~春の贈り物~

人文
蔦屋書店1号館 1階 マガジンストリート 2021年04月17日(土) - 05月14日(金)
昭和初期、雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡し、戦後は「それいゆ」「ひまわり」で女性文化をリードしてカリスマ的な人気を誇ったアーティスト・中原淳一。
代官山 蔦屋書店では、今なお色褪せない彼の魅力が存分につまった書籍やグッズをご紹介します。
新学期にぴったりのノートやファイルなどの文房具から、マスクをしまうのにピッタリの三つ折りクリアファイルまで。
また最新の版画技巧「ジグレ方式」で作成した特製版画の受注販売も行います。
中原淳一から、新しい季節を迎える皆さまへの春の贈り物です。

【プロフィール】
中原 淳一 (なかはら・じゅんいち)
昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。
戦後1年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」を創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊し、夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。
活躍の場は雑誌にとどまらず、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードし、先駆的な存在となる。そのセンスとメッセージは現代を生きる人たちの心を捉え、新たな人気を呼んでいる。
  • 会期 2021年4月17日(土)~2021年5月14日(金)
  • 時間 営業時間の通り
  • 場所 蔦屋書店1号館 1階 マガジンストリート
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 共催・協力 株式会社ひまわりや
  • 問い合わせ先 03-3770-2525
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト