プロモーション利用

【イベント&オンライン配信(Zoom)】『ハイデガー『存在と時間』を解き明かす』(NHK出版)刊行記念 池田喬×古田徹也トークイベント「世界に住みつくための哲学」

人文
代官山 蔦屋書店/Zoomウェビナー機能を使用したオンラインライブ配信 2021年 10月08日(金)
----------------------------------------
本年1月に200名超の視聴を集めた大好評連続イベントの完結編!

今から94年前、37歳の大学教師が正教授就任のために公刊した著作が哲学史を刷新した――『存在と時間』だ。著者マルティン・ハイデガーはこの業績をもってマールブルク大学の正教授となり、哲学界の名声をほしいままにする。やや色合いの異なる「後期」と呼ばれる思想を把握するうえでも不可欠なのが、初期の代表作『存在と時間』の的確な理解だ。また、哲学一般に興味をいだく者にとって、これを読まずに済ませてしまうのは得策ではない。

カントやウィトゲンシュタインの著作とちがって、『存在と時間』は開いてみれば、まあまあ読める――との印象を与える。だが読み進めていくと面喰らうのが、ハイデガーの用語の独特さであり、およそ哲学書らしからぬ、具体的な生活場面の描写である。また、分量は長大で、議論のレベルが一挙に深いところに及ぶ。このため、ハイデガーが哲学史をどう受け継いでいるのか、その論旨は妥当なのかを判断することは困難である。このような"高峰"としての『存在と時間』の全体像を、ハイデガーと同様、生活のレベルに落とし込み、嚙んで含めるように説明して提供するのが、新刊のNHKブックス『ハイデガー 『存在と時間』を解き明かす』だ。

著者は『ハイデガー 存在と行為』(創文社)によって、層の厚いハイデガー学界に衝撃を与えてデビューした池田喬氏。3年前に明治大学文学部内で哲学専攻コースを立ち上げた一人で、『ハイデガー 『存在と時間』を解き明かす』のこなれた文からは意外だが、本書が初の一般向け解説書となった。本書の特徴は、難解な哲学書の代名詞ともいえる『存在と時間』を知り尽くし、その中を幾度も“歩き回った”経験を生かして、「世人」や「死への先駆」などの有名な概念についての誤解を解きながら、この著作を成り立たせている「存在への問い」がもつ意味と、「この世界でふつうに暮らしていく」ことの意味を見失いがちな現代への批判的観点を、わかりやすく解説していくところだ。

本書は読みやすいとはいえ、ハイデガーの思考の規模に従って、かなり厚みのある本となった。
----------------------------------------
 
そこで、ポイントを絞って重点的に解説し、読書の助けとするような対談形式のイベントを開催します。
お相手は、池田氏と長い親交があり、増刷を重ねている『はじめてのウィトゲンシュタイン』の著者・古田徹也氏です。
池田氏が「彼なしに本書は生まれなかった」とする古田氏と著者・池田氏の間で、本書の要点と、「なぜ『存在と時間』は今も読まれ続けているのか」までが明らかにされる予定です。
どうぞご期待ください。
 

このイベントはオフライン(代官山 蔦屋書店内)とオンライン同時開催イベントです。
お申し込み時に、来店参加orオンライン参加のいずれかをお選び頂き、ご参加下さい。


【参加条件】
イベントチケット予約・販売サービス「Peatix」にて、いずれかの対象商品をご購入いただいたお客様がご参加いただけます。

【対象商品】
・イベント [来店参加] 券(円1,500/税込) ・イベント [オンライン参加] 券(1,500円/税込)
・書籍『ハイデガー『存在と時間』を解き明かす』(NHK出版・1,870円/税込)+イベント [オンライン参加] 券(1,300円/税込)+送料(500円/税込) セット 3,670円(税込)
※『ハイデガー『存在と時間』を解き明かす』は2021年9月27日(月)に入荷予定です。入荷後に配送いたします。
※Peatixで取得したお客様の個人情報は、本イベントへお申し込み頂いた方への商品発送にのみ使用し、それ以外での使用は行いません。個人情報のお取り扱いについてご同意の上、お申込み下さい。

 
(Peatixへ遷移します)
受付締め切り: 2021年10月8日(金) 19:00まで
 
【オンラインイベント アーカイブ配信のお知らせ】
本オンラインイベントにお申込みのお客様は、イベント終了後、一定期間イベントのアーカイブ配信をご視聴頂けます。
日時にご都合がつかない場合や、もう一度見たい場合などにご利用ください。
なお、イベント終了後は、アーカイブ配信のみの販売等はございませんのでご注意ください。
アーカイブ配信視聴方法につきましては、対象商品をご購入のお客様あてに、配信準備ができましたら、Peatixよりメッセージをお送りさせていただきます。
 

- オンライン配信イベント(Zoom)につきまして -

代官山 蔦屋書店主催のオンライン配信イベントは、Zoomのウェビナー機能を使ってライブ配信をいたします。
ご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
※ イベントはPC、スマホ、タブレットからご視聴可能ですが、 事前にZoomのアプリを予めダウンロードしていただく必要がございます。 お手数ですが、下記よりイベント前にダウンロードをお願いいたします。
 ▶https://zoom.us/download#client_4meetingよりアプリのダウンロードが可能です。
※ 今回のイベントで利用するウェビナー機能では、ホスト、パネリスト以外に、視聴者の皆様のお顔が配信画面に映ることはありません。
※ 「チャット」機能を使って皆さまからの質問やコメントをお寄せいただくことが可能です。
※ 本イベントはライブ配信イベントです。録音録画はご遠慮願います。
※ 今回ご利用いただいたメールアドレス、お名前を他に使用することはございませんので、ご安心ください。
※ 当日ご来店いただいてもイベントをご観覧いただくことはできません。
※ 配信のURLとご案内は、ご予約いただいたチケットサイトを通して順次メールでお送りいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※ URLの共有、第三者への譲渡はご遠慮ください。
※ ご視聴の通信環境の悪化などにより、配信が途切れた場合の返金はいたしかねます。

- 参加券購入からご参加までの流れ -

① ご予約、お申し込みはイベントチケット予約・販売サービス「Peatix」にて行います。代官山 蔦屋書店での販売は行っておりません。ご注意くださいませ。「Peatix」にて参加券をお申し込み後、ご購入確認メールをお送りします。

② 後日、Zoomウェビナーへの招待メールをお送りします。その際、下記ドメインのメールを受信できるように、 迷惑メール設定から解除、もしくは受信設定をお願い致します。「@peatix.com

③ メールに記載されたURLのリンクからご視聴いただけます。 ウェビナー視聴の際に、お名前とメールアドレスの入力画面が表示されますので、ご入力をお願いいたします。
 
※Zoomアプリのダウンロードがされている場合は、アプリが起動し、イベントにご参加いただけます。

④ 入力後、次のような画面がでてまいりますので、接続までお待ちください。
 

⑤ こちらで視聴の準備が整いました。当日は開始時間の15分前から接続可能でございます。Zoomのご利用が初めての方、視聴に不安のある方は早めにご確認をお願いいたします。
 

- 代官山 蔦屋書店内でのイベント参加につきまして -

▼会場内での感染予防対策
・お客様用の手指消毒液を各入り口に設置しております。
・ソーシャルディスタンスを保った座席配置を致します。
▼スタッフの感染予防対策
・出店前の検温/確認
・体調不良時/発熱時の出店出勤の停止
・手指の定期的な消毒の徹底
・マスク着用の徹底及び咳エチケットの励行
▼お客様へのお願い
・ウイルス感染の可能性のある方/体調のすぐれない方はご来場をお控え下さい。
・ご来場時のマスク着用/手指の消毒は必須とさせて頂きます。
・咳エチケットの励行にご協力をお願い致します。
・厚労省が推奨する新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAのダウンロードをお願い致します。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html
※COCOAとは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からない様プライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受ける事が出来るスマートフォン向けアプリです。
・社会情勢によりオフライン(代官山 蔦屋書店内)でのイベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。

ご不明な点がございましたら「daikanyama.tsutayabooks.onlineevent@ccc.co.jp」に事前にお問い合わせください。
 

【プロフィール】
池田 喬 (いけだ・たかし)
1977年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同大大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。明治大学准教授。ハイデガー『存在と時間』の読解を出発点に、「知覚」「行為」「自己」などの観点から、現象学を中心とした現代哲学・倫理学を研究する。  著書に新刊『ハイデガー 『存在と時間』を解き明かす』(NHKブックス)、『ハイデガー 存在と行為――『存在と時間』の解釈と展開』(創文社→講談社)、共編著に『生きることに責任はあるのか――現象学的倫理学への試み』(弘前大学出版会)、『始まりのハイデガー』(晃洋書房)、『映画で考える生命環境倫理学』(勁草書房)など、訳書にハイデガー『現象学の根本問題』(虫明茂氏との共訳、創文社→東京大学出版会)など。

古田 徹也 (ふるた・てつや)
1979年、熊本県生まれ。東京大学文学部卒業、同大大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。新潟大学准教授、専修大学准教授を経て現在、東京大学准教授。「言語」「心」「行為」の各概念を手掛かりに、英語圏・ドイツ語圏の現代哲学・倫理学を専攻する。ウィトゲンシュタインの『講義・数学の基礎編』と『ラスト・ライティングス』を全訳。(いずれも講談社、前者は大谷弘氏との共訳。)
著書に『はじめてのウィトゲンシュタイン』(NHKブックス)、『それは私がしたことなのか――行為の哲学入門』(新曜社)、『言葉の魂の哲学』(講談社選書メチエ、2019年サントリー学芸賞)、『不道徳的倫理学講義――人生にとって運とは何か』(ちくま新書)、『ウィトゲンシュタイン 論理哲学論考』(角川選書)など。
  • 会期 2021年10月8日(金)
  • 定員 Peatix 購入ページ参照
  • 時間 19:00~20:30(15分前より接続可能です)
  • 場所 代官山 蔦屋書店/Zoomウェビナー機能を使用したオンラインライブ配信
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 daikanyama.tsutayabooks.onlineevent@ccc.co.jp
一覧に戻る

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト