イベントスペース

【イベント】信田さよ子『<性>なる家族』(春秋社)刊行記念トークイベント 信田さよ子×上岡陽江

人文
蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース 2019年 06月27日(木)
※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※

家族の基盤にありながら、あえて真正面から対峙しないと見えてこないもの――それが「性」の問題である。
まるで、問題など存在しないかのように日常を送ることもできるが、それゆえに、性にまつわる力関係は幅を利かせ、さまざまな暴力を生んできたのではなかったか。父・母・子の性にまつわる「当たり前」は、同じだろうか?
あるいは、男性と女性の「当たり前」、あなたと私の「当たり前」は?

性虐待、ジェンダー、セクシュアリティ、DV、性差別…。
臨床心理士の信田さよ子と、「ダルク女性ハウス」代表であり、当事者研究を重ねている上岡陽江が、性と暴力にまつわる問題の内実と、家族の未来について語る。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、いずれかの対象商品をご予約・ご購入頂いたお客様がご参加いただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭 (1号館1階 レジ)
②お電話 03-3770-2525 (人文フロア)
③オンラインストア

【対象商品】
・書籍『<性>なる家族』(春秋社 1,836円/税込)+イベント参加券(500円/税込)セット2,336円(税込)
・イベント参加券1,500円(税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
信田 さよ子 (のぶた・さよこ) 1946年生まれ。臨床心理士(原宿カウンセリングセンター所長)。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。専攻分野はアディクション全般、アダルト・チルドレン、家族問題、DV、虐待など。性暴力やハラスメントの加害者、被害者へのカウンセリングも行なっている。ベスト&ロングセラー『母が重くてたまらない』『さよなら、お母さん』『家族のゆくえは金しだい』ほか、『ザ・ママの研究 増補新版』『依存症臨床論』『アディクション臨床入門』『カウンセラーは何を見ているか』『共依存』ほか、著書多数。
 
上岡 陽江 (かみおか・はるえ) ダルク女性ハウス施設長/精神保健福祉士。10代から処方薬依存・摂食障害・アルコール依存を経験し、20代半ばで回復プログラムにつながる。1991年に薬物・アルコール依存症をもつ女性をサポートするダルク女性ハウスを設立。依存症の母親とその子どものための包括的な支援に注力。当事者への支援に加え、援助職者のための研修、グループワーク、スーパーバイジングなどにも従事。2018年より、東京大学熊谷晋一郎研究室にて協力研究員として、当事者研究事業に参加。共著書に『その後の不自由』『ハームリダクションとは何か――薬物問題に対する、あるひとつの社会的選択』ほか。
  • 会期 2019年6月27日(木)
  • 定員 70名
  • 時間 19:00~21:00
  • 場所 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 共催・協力 春秋社
  • 問い合わせ先 03-3770-2525
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト