イベントスペース

【イベント】To create in the Latvian language 『ソビエト・ミルク』刊行記念 ノラ・イクステナ トークショー&サイン会

人文
蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース 2019年 10月05日(土)
ソ連体制から<バルトの道>を経て、独立へ向かう道のりをたどる、知られざるラトヴィアのベストセラー小説『ソビエト・ミルク』(新評論)の邦訳刊行に合わせ、来日する著者ノラ・イクステナ氏によるトークイベントを開催します。

ラトビアは、2018年に建国100年を祝いましたが、その間の半世紀はソ連邦の一部でした。本作は「私たち、ラトビア、20世紀」をテーマにラトビアの現代作家たちが取りかかった小説シリーズの一作です。2015年の出版以来、本国で記録的なベストセラーとなりました。

原題Mātes piensの直訳は『母乳』であるように、物語はこの時代に生きねばならなかった母娘の関係を通じて、ほろ苦い歴史を想起させる静かに熱い記憶が軸となっています。同時に、ラトビアらしい森や暮らしの匂いも漂わせます。さらに、キリストや正教会の聖人にちなむ名の人物や、ジョージ・オーウェル著『1984年』のウィンストンが登場するほか、アメリカのカウンターカルチャー、ブレジネフの死、チェルノブイリ原発事故、そしてベルリンの壁崩壊までの20世紀後半を大きく揺るがした出来事を肌身で感じとっていた人々の姿が描かれています。

英訳Soviet Milk(2018年)は、「今となってはまるで想像できないような時代であっても、ヨーロッパがようやく勝ち得た独立の自由を固守し、それに価値と重きを認めることに失敗すれば、いとも簡単にそっくりそのまま再来しかねないことを強く喚起する物語」<ガーディアン紙>など、ロンドンブックフェアにて称賛されました。EBRD(欧州復興開発銀行)文学賞(2019年)の最終ノミネート作品です。
※通訳・対談のお相手としてラトビア語翻訳家の黒沢歩氏にもお越し頂きます。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、対象商品をご予約・ご購入頂いたお客様がご参加いただけます。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭 (1号館1階 レジ)
②お電話 03-3770-2525 (人文フロア)

【対象商品】
・書籍『ソビエト・ミルク』(新評論・2,000円/税抜)+イベント参加券(500円/税抜)セット 2,500円(税抜)

※2019年10月1日に消費税率の変更が予定されております。 税込の金額は予約した日に関わらず、実際にお会計頂いた日の税率での計算となります。
※『ソビエト・ミルク』は2019年9月13日(金)に入荷予定です。
商品は、イベント当日店頭にてお渡しいたしますので、商品の配送はございません。
何卒ご了承ください。

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
ノラ イクステナ (Nora Ikstena)
リガ生まれ。1992年にラトビア大学文学部の学位取得後、コロンビア大学にて英文学を学ぶ。1993年以降、ラトビア出身の文化人らの評伝、短編や随筆ほか、長編小説は「人生礼賛」(1998年)など20作以上を発表してきた、現代ラトビアを代表する小説家。ラトビアの国家勲章受章者。『ソビエト・ミルク』は、ロシア語、ジョージア語、イタリア語、リトアニア語、エストニア語、スウェーデン語等に翻訳されている。

黒沢 歩 (くろさわ・あゆみ)
専修大学英米文学部卒業後、モスクワ留学を経て、日本語教師としてラトヴィアに渡る。ラトヴィア大学文学部ラトヴィア文学修士。ラトヴィア語講師。主な著書に『木漏れ日のラトヴィア』(新評論、2004年)、『ラトヴィアの蒼い風』(新評論、2007年)、『ラトビアを知るための47章』(共著、明石書店、2016年)。主な訳書に、ヤーニス・エインフェルズ著「アスコルディーネの愛 ダウガワ河幻想」(共著、東京創元社『21世紀東欧SFファンタスチカ傑作集 時間はだれも待ってくれない』、2011年)、サンドラ・カルニエテ著『ダンスシューズで雪のシベリアへ』(新評論、2014年)、マルタ・グラスマネ著『ラトビアのミトン』(Senā Kltēs, Riga, 2016年)。
  • 会期 2019年10月5日(土)
  • 定員 50名
  • 時間 19:00~21:00(15分前に開場)
  • 場所 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 共催・協力 駐日ラトビア共和国大使館 新評論
  • 問い合わせ先 03-3770-2525
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト