イベントスペース

二子玉川 蔦屋家電

『街灯りとしての本屋』発売記念トークイベント

トーク|本
2階 ダイニング 2019年 08月26日(月)

本屋をはじめてみたい人、本屋が好きな人、読書が好きな人に向けた本『街灯りとしての本屋』が発売されました。

 

発売を記念し、本書を執筆した田中佳祐さん、構成を担当されました双子のライオン堂の竹田信也さん、文筆家の山本貴光さんの三人によるトークショーを開催します。

 

「書店で本を買うこと」や「自分の本棚に本を並べるということ」など、読書や本屋が好きな人ならば当たり前に行っていることを改めて見つめ直すことをテーマにしたイベントです。

あなたの生活にとっての、本屋の役割や意味を発見するヒントになるかもしれません。

 

当日は、『街灯りとしての本屋』を作ったお二人が、たいへんな読書家である山本さんと一緒に本と本屋の魅力について語ります。本屋を始めたい人からの質問など、本屋についての相談などにも回答します。

 

本が好きな方、本屋に少しでも興味のある方は是非ご参加ください。
 
 
【プロフィール】
田中佳祐
本書執筆担当。東京生まれ。ライター。たくさんの本を読むために2013年から書店等で読書会を企画。編集に「草獅子」「しししし 宮沢賢治特集」「しししし ドストエフスキー」(双子のライオン堂)。好きな作家は、ミゲル・デ・セルバンテス
 
竹田信弥
本書構成担当。東京生まれ。双子のライオン堂店主。文芸誌「しししし」発行人兼編集長。共著に『これからの本屋』(書誌汽水域)『まだまだ知らない 夢の本屋ガイド』(朝日出版社)など。好きな作家は、J・D・サリンジャー。
 
山本貴光
文筆家、ゲーム作家。著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(筑摩書房)。共著共訳に『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満、太田出版)、『高校生のための ゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎、筑摩書房)、ジョン・サール『MiND――心の哲学』(筑摩書房)、メアリー・セットガスト『先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学』(朝日出版社)など多数。
  • 日程 2019年8月26日(月)
  • 時間 19:00~21:00(開場18:45)
  • 場所 2階 ダイニング
  • 定員 40名
  • 参加費 ①書籍『街灯りとしての本屋』付きイベント参加券:1,728円(税込)②イベント参加券:1,000円(税込み )
  • 申込方法 ECサイト「T-SITE SHOPPING 二子玉川 蔦屋家電」で①書籍付きイベント参加券https://store.shopping.yahoo.co.jp/ftk-tsutayaelectrics/mbk9784844137580.html②イベント参加券https://store.shopping.yahoo.co.jp/ftk-tsutayaelectrics/mbk2002235034384.htmlのどちらかをご購入ください。1階 BOOKレジ、お電話でもご予約を承ります。
  • 主催 二子玉川 蔦屋家電 BOOK
  • 協力 雷鳥社
  • 問い合わせ先 03-5491-8550
    (二子玉川 蔦屋家電 BOOK)
  • 注意事項 オンラインストアでご購入の際は必ず下記をご確認ください。
    1. お支払い方法はクレジットカード決済のみです。
    ※代引を選択されている場合は勝手ながら無効となり、キャンセルの処理をさせていただきます。
    2. お申し込み完了後、二子玉川 蔦屋家電ヤフー店からメールをお送りします。イベント当日、受付で注文者様のお名前とお電話番号でご本人様確認をします。
    3. 定員に達し次第、受付を終了します。
    4. オンラインストアでの受付は イベント開催日前日の23:59までです。
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

STORE LIST

ストアリスト