二子玉川 蔦屋家電

二子玉川 蔦屋家電

4月13日(水)~19日(火)「二子玉川 陶器市」開催

食|フェア・展示
2階 エスカレーター前 2022年04月13日(水) - 04月19日(火)
 
食卓を彩るお皿や、ほっと一息いれるマグカップが
いつものひとときに、新しい発見や笑顔を運んでくれます。
日々、そんなよろこびが増えるように
選りすぐりのうつわに出合う「二子玉川 陶器市」、開催します。
 
 
▐ 作家紹介(五十音順)
 
 
 
 

阿部慎太朗

 
「100年後、アンティーク食器として流通できるものをつくりたい」という想いのもと作陶されています。一つ一つが手作業で作られており、アンティーク食器を思わせるような形と質感が特徴です。
 
 
 

イホシロ窯

 
約500種類の箸置きを生み出す「イホシロ窯」は、岐阜県瑞浪市にある窯元です。モノをデザインする時の気持ちを大切に、職人さん達が日々可愛らしい箸置きを手作りしています。
 
 
 

大和田友香

 
日本的で凛とした美しい急須や器を茨城県にて制作。洗練されたフォルムの造形と炭化や釉薬によって味わいの深い表情を生み出しています。繊細で柔らかな美しい形と絶妙な色の表現が魅力です。
 
 
 

鴨工房

 
長野県 八ヶ岳の麓で作陶する鴨工房。環境や人との繋がりから生まれる日常使いのしやすい器や、細かく作り込まれたクルマなどのモチーフの箸置き。鴨夫妻の丁寧なお仕事から生まれる作品たちです。
 
 
 

後藤奈々

 
マットな質感と、なめらかな曲線を描くデザインが特長的な後藤奈々さんの陶器たち。ふんわりと優しい雰囲気をもつ、時を経ても暮らしに寄り添ってくれそうな柔和な作風です。
 
 
 

Denby(デンビー)

 
普段使いをコンセプトに作られたストーンウェア(炻器/せっき)です。割れにくく、毎日思い切り使える、シンプルかつ機能的な、英国の歴史的コレクションです。
 
 

中村恵子

 
益子の土の味わいを存分に生かした、中村恵子さんが生み出す器たち。和でも洋でも馴染む、落ち着いた色合いと質感の美しさ。家に連れて帰りやすいお値段も魅力です。
 
 
 

POTPURRI(ポトペリー)

 
「多くの人へ、時代や流行に左右されないうつわを届けたいという想い」のもと、2012年に生まれたポトペリー。受け継いでいきたい手工芸の技や釉薬のレシピと、量産の技術を組み合わせたデザインが特徴です。
 
 
 

MUDDY 真泥

 
京都舞鶴に陶磁器製造工房を構え、服部克哉さん・村山朋子さん夫妻が作陶されています。西洋式薪窯焼成による、しっかりと焼締まった器をひとつひとつ手作りしています。
 
 
 

もとしげ

 
鋭く欠けにくいすり鉢に最適な焼き物「石見焼」は国指定の伝統工芸品。大正創業の元重製陶所は、すり鉢とおろし器に特化した専門窯です。キッチンからそのまま食卓で使えるデザインも魅力のひとつ。
 
 
 

よしざわ窯

 
「器と楽しい日々を」をモットーに器づくりをされています。シンプルなお皿をはじめ、動物や食べ物の形をしたものなど、器の種類はなんと年間700種類ほど。お好みの器を探してみてください。
 
 
 

渡辺篤

 
2007年より益子焼窯元よしざわ窯にて作陶を開始した渡辺篤さん。鮮やかでどこか上品な色合いとあそび心のあるデザイン、益子焼のぽってりとした風合いが魅力です。
 
 
 
 
▐ キャンペーン
 
 
二子玉川 陶器市の開催に先駆けて
人気作家の陶器が当たるInstagramキャンペーンを実施中!
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
 
詳しくはこちら
 
 
 
▐ 注意事項
 
・事前の予告なく本イベントを中止・延期・縮小する場合がございます。予めご了承ください。
・期間限定のイベントにつき、商品のお取り置き・お取り寄せは致しかねます。
・在庫に関するお問合せ・陶器の配送・ラッピングはお受けできませんのでご了承ください。
・商品は数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
・商品の仕様・デザイン・色等は異なる場合がございます。
・掲載内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
 
  • 日程 2022年4月13日(水)~19日(火)
  • 時間 10:00-20:00 ※最終日のみ18:00まで
  • 場所 2階 エスカレーター前
  • 主催 二子玉川 蔦屋家電
  • 問い合わせ先 03-5491-8550
    (二子玉川 蔦屋家電)
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト