【ARTIST NEWS】東京の街並みや名建築を幻想的に描くイラストレーター・東京幻想。銀座を題材にした描きおろし新作など多数を展示・販売。

10⽉2⽇(⾦)から11月1⽇(日)の期間限定で、東京幻想の描きおろしの新作含む高精細プリント、キャンバス作品、雑貨などの販売を⾏います。
 
 
 
 
概要
 
アニメやゲームの背景画も⼿掛けるイラストレーター・東京幻想。そのペンネームの通り、東京の街並みを廃墟のように描いた幻想⾵景を発表し続けています。その美しい描法は建築パース技法としてもご紹介したいのですが、「絶望よりは希望を感じてほしい」と⾃作を語る東京幻想の作品を通して、東京という街あるいはそこでの暮らしを思考することもできるのではないかと期待しています。

銀座 蔦屋書店では今年芸術新聞社より刊⾏された『東京幻想作品集』の中から数点のキャンバス作品、ポストカード、クリアファイルを展⽰販売いたします。また、当フェアのために描き下ろされた新作の高精細プリントも発表・販売いたします。
 
 
 
 
予約・販売について
 
オンライン先⾏予約:10⽉2⽇(⾦)10:30〜
販売内容:高精細プリント、キャンバス作品、サイン入り作品集
 
オンラインでは10⽉2⽇(⾦)10:30〜より販売します。
 
 
 
アーティストプロフィール
 
東京幻想 (とうきょう げんそう)
 
 
2008年5⽉ 活動開始
2009年4⽉〜11年3⽉ ⽉刊「リベラルタイム」表紙担当(毎⽉)
2010年6⽉ ⽶映画「ザ・ウォーカー」国内ポスターメインビジュアル制作(⾓川映画)
2011年9⽉ 堂珍嘉邦(CHEMISTRY)主演映画「醒めながら⾒る夢」背景イラスト制作
2012年1⽉〜 フリーペーパー「R25」誌上にて「辻仁成×東京幻想」コラボ不定期連載
2014年11⽉ 『東京幻想ART BOOK』発売(宝島社)
2020年1⽉ 「東京幻想VR」(全4タイトル)発売(VirtuaiArts)
2020年5⽉ 『東京幻想作品集』発売(芸術新聞社)
その他、国内外の雑誌、メディア等、掲載多数。現在は主にゲーム背景制作を中⼼に活動中。
 
 
 
フェア詳細
 
〇〇と建築#3 背景美術と建築 東京幻想
期間:2020年10月2⽇(金)〜11月1日(日)
場所:銀座 蔦屋書店 建築平台
主催:銀座 蔦屋書店
販売:店頭・オンラインストア ※オンラインストアは10月2日より購入可能
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト