【NEW ITEMS】19組のアーティストによる東京2020公式ライセンス商品 「東京2020公式アートポスターコレクション」の販売を開始。

2020年8月24日(日)より、東京2020ライセンス商品「東京2020公式アートポスターコレクション」を販売いたしました。
展開される商品は、東京2020公式アートポスター 全20作品(オリンピックをテーマとした12作品、パラリンピックをテーマとした8作品)を商品化したものになります。銀座 蔦屋書店では、ポスター、ポストカード、クリアファイル、ポスター(額装)、複製原画、カレンダー、ステッカーセット、トートバッグ、Tシャツ、制作記録集の計10種類(180アイテム)の全種類を展開いたします。
 
9月29日(火)から10月5日(月)までの期間、店内のイベントスペース「GINZA ATRIUM」(ギンザアトリウム) にて商品を展開しております。
複製原画を始めとする全商品をご覧いただけますので、この機会に是非お越しください。
 
 
 
 
東京2020公式アートポスター

20世紀初頭から、各大会の組織委員会は、オリンピックというスポーツ・文化イベントへの認知と理解を促進するために、ポスターを制作してきました。また、オリンピックのポスターは、各大会の特色を世界に伝える役割も果たしています。
 
近年では、パラリンピックのポスターも含め、国際的に活躍するアーティストやデザイナーを起用し、各大会の文化的・芸術的レガシーとなる作品を制作するようになりました。その中からは時代のアイコンとなるような作品も生まれています。
東京2020大会では、国内外のアーティストにより、オリンピックまたはパラリンピックをテーマにした芸術作品を制作されました。
 
[オリンピック]
 
 
 
 
 
 
 
 
[パラリンピック]
 
 
 
 
 
 
 
お取り扱い商品
 
『東京2020公式アートポスター 制作記録集』
 

東京2020大会を表現する20の作品と併せて、作家による制作意図や制作風景、ラフ図を掲載した特別企画書籍です。
 
 
東京2020オリンピック公式アートポスター,東京2020パラリンピック公式アートポスター カレンダー
 
左:東京2020オリンピック公式アートポスター カレンダー
右:東京2020パラリンピック公式アートポスター カレンダー
 
 
東京2020パラリンピック公式アートポスター トートバッグ
 

※画像は荒木飛呂彦
 
 
東京2020オリンピック公式アートポスター Tシャツ
 

※S,M、L、LLの4サイズを展開。画像は鴻池朋子
 
 
 
作家情報
 
Olympic
浦沢直樹、大竹伸朗、大原大次郎、金澤翔子、鴻池明子、佐藤卓、野老朝雄、ホンマタカシ、テセウス・チャン、クリス・オフィリ、ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカー

Paralympic
荒木飛呂彦、柿沼康二、GOO CHOKI PAR、新木友行、野老朝雄、蜷川実花、森千裕、山口晃
 
 
 
ご購入について
 
東京2020公式アートポスターコレクション
 
期間:開催中~2020年10月5日(火)
場所:銀座 蔦屋書店 アトリウム
営業時間:当店Webサイトをご確認ください。
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト