【ARTIST NEWS】気鋭アーティスト⾹⽉ 恵介・菊池 遼・菅原 ⽞奨によるグループ展を開催、新作を発表

アーティスト・⾹⽉恵介、菊池遼、菅原⽞奨によるグループ展「appropriate distance」を2020年10⽉1⽇〜10⽉31⽇の期間、アートウォール・ギャラリー(6Fスターバックス横展⽰スペース)にて開催いたします。
 
ディスプレイの発光を絵具で再現した「ピクセルペインティング」を⼿がける⾹⽉恵介、視覚効果を⽤いて「もの」の儚さやたどり着けなさ、現象性の表現を試みる菊池遼、粘⼟という素材を⽤いて移りゆく現代⼈の佇まいや質感について探求する菅原⽞奨。「appropriate distance」と題する本展覧会では、対象との距離や⾓度に着⽬し、省察的な姿勢で制作を続ける3名の気鋭アーティストを紹介し、新作を発表いたします。
 
 
 
 
展覧会詳細
 
⾹⽉恵介・菊池遼・菅原⽞奨「appropriate distance」

会期:2020年10⽉1⽇(⽊) - 10⽉31⽇(⼟) ※会期は変更になる場合もございます。
会場:銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー(6Fスターバックス横展⽰スペース)
※営業時間は当店Webサイト店舗ウェブサイトをご確認ください。
料⾦:無料
主催:銀座 蔦屋書店
協⼒:EUKARYOTE
電話:03-3575-7755
 
\オンラインストアで購入する/
 
 
 
アーティストプロフィール
 
⾹⽉恵介(かつき・けいすけ)
1991年 福岡県⽣まれ
2014年 東京造形⼤学 造形学部美術学科絵画専攻 卒業
2016年 東京造形⼤学⼤学院 造形研究科美術専攻領域 修了
<主な個展>
2020年「ELAPSE」SEZON ART SHOP/東京
2019年「Hopeʼs harbinger」EUKARYOTE/東京
2018年「Les Nymphéas」EUKARYOTE/東京
2017年「Image in the Light」Lower Akihabara./東京 ほか
 

菊池遼(きくち・りょう)
1991年 ⻘森県⽣まれ
2015年 東京造形⼤学 造形学部美術学科絵画専攻 卒業
2017年 東京造形⼤学⼤学院 造形研究科美術専攻領域 修了
2020年 東京造形⼤学⼤学院 造形研究科美術専攻領域 博⼠後期課程在籍
<主な個展>
2019年「OUTLINES」EUKARYOTE/東京
2017年「無/(分節)」Frantic Gallery/東京 ほか
 

菅原⽞奨(すがはら・げんしょう)
1993年 東京都⽣まれ
2016年 東京造形⼤学造形学部美術学科彫刻専攻領域 卒業
2018年 東京造形大学大学院 造形研究科美術専攻領域 修了
<主な個展>
2017年「東京の⼈」 Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi /東京
2016年「invisible」TAV gallery /東京 ほか
 
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト