【ARTIST NEWS】アーティスト加藤泉のクリスマスチャリティ企画や限定書籍販売。さらにTHE TETRAPOTZの展示などスペシャルな企画を開催!

 
 
 
Xmas Special charity
 
\子どもたちに愛を届けよう/
 
今回のクリスマスフェアでは、アートの力で世界の子どもたちに寄付という形で「愛」を届けるチャリティー企画を実施します。

パリの版画工房イデムで制作したアーティスト加藤泉による新作リトグラフ6種を抽選販売します。本作品の売上の一部は、日本を含む世界120ヶ国で子ども支援を展開する民間・非営利の国際組織(NGO)であるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付します。
Photo: Kei Okano, Courtesy of the artist and Perrotin, ©️2020 Izumi Kato
 
[作品説明]
パリのモンパルナス地区でリトグラフの伝統と伝説を受け継ぐ工房、idem(イデム)で制作されたリトグラフ(石版)です。
イデムは約140年前の1881年に設立され、1976年にはパリ屈指のリトグラフ工房であったムルローによって、マティス、ピカソ、ミロ、シャガールなど20世紀美術の巨人たちとともにリトグラフ作品を生みだしてきた名工房となり、現在、イデムに引き継がれ、当時のままの空間、技法、機械が残され、世界中の現代美術作家が制作しています。
現在は版がアルミなど金属版が多い中で、今でも産業革命時代の手動の印刷機を使い、石版を使ったリトグラフを制作しています。
加藤泉は2016年より毎年、idemを訪れ新作のリトグラフを制作しています。
また加藤作品には特別に工房から選ばれた共同制作プロジェクト作品として、item名のスタンプが印画紙に押印されています。
(ちなみに、同プロジェクトアーティストは、ディヴィッド・リンチ、ポール・マッカーシー、ウィリアム・ケントリッジなど。)
 
今回、展示する6枚の顔のリトグラフは、別バージョンとして顔の部分を版にして薄い和紙に刷られたものがあり、それらは加藤のオリジナル作品として石に貼られ、ファブリック作品などと一緒に展示されています。現在、東京都庭園美術館のグループ展「生命の庭―8人の現代作家が見つけた小宇宙」で展示されているファブリック作品の足元の石作品には、このシリーズのリトグラフが使われています。
 
[チャリティについて]
・作品価格の一部をセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付します。
 
[抽選について]
・お申込み期日:2020年12月3日(木)23:59
・抽選結果:2020年 12月25日(金)までに当選者ご本人様のみにご連絡します。
 
[注意事項]
以下にご同意いただける方のみ、抽選のお申込みをお願いします。
・複数作品への抽選のお申込みは可能ですが、ご購入の権利は1名様1点までとなります。
・お申込みいただいたメールへの返信(完了メール)などは配信されません。
・お申込みメールの入力欄に未記載がある場合、お申込みは無効となります。
・抽選に関するすべてのお問い合わせにはお答えできません。
・本作品は3年間転売禁止です。当選のご連絡後お送りする同意書にサインをいただき、ご提出いただく必要があります。
・お申込みに関して不適切な行為があると判断した場合、当選は無効となります。
 
[作品詳細]
作品名:untitled 制作年:2000年
アーティスト:加藤泉
エディション:ed. 25/36 
素材:和紙にリトグラフ    
SIZE:シートサイズ : 78 x 58 cm / 額装サイズ:  86 x 65.5 cm
価格: 345,000円 (税込) /枚 
※額装済みでの販売となります。
 
※必ず上記詳細情報をご確認ください。
 
お申込み番号は以下をご確認ください。

 
 
 
Information
 
\チャリティ作品の展示について/
 
12月1日(火)~3日(木)の3日間限定で、銀座 蔦屋書店内イベントスペースGINZA ATRIUMにて、今回のリトグラフを展示予定です。
 
同イベントでは、リトグラフの展示の他、加藤泉のサイン入り特別本『IZUMI KATO Shampoo in the sculpture』のご紹介(オンライン抽選販売)や、加藤泉率いるバンド「THE TETORAPOTZ」が、2020年1月にメキシコで現地の子どもたちと一緒に行ったワークショップやライブパフォーマンスの映像などをご覧いただけます。関連書籍やバンドのオリジナルグッズの販売も予定しています。
 
\サイン入り特別本販売/
 
本書は2013年間と2019年に製作された加藤泉シャンプー全500体をフルカラーで掲載しています。バスタイムでもお楽しみいただけるウォータープルーフ仕様となっており、表裏表紙は温度変化で彫刻が姿を現す特別仕様です。
※通常の状態(向かって左側) → 温度が上がると絵柄が浮き出る。(向かって右側)
Courtesy of MOUKEN LLC, ©MOUKEN LLC, ©Izumi Kato
 
書籍情報
 IZUMI KATO Shampoo in the sculpture
限定数700 エディションナンバー入。

サイン入り・ため書き入り
出版社:毛髪花学研究所
書籍サイズ 15㎝ x 15㎝
スペック:フルカラー204P, ユポ紙
価格:16,500円 (税込)
 
[抽選について]
・販売数:限定20冊
・お申込み期間:2020年12月3日(木)23:59
・抽選結果:2020年 12月25日(金)までに当選者ご本人様のみにご連絡します。
 
[注意事項]
・サイン入り特別本はチャリティではありません。
・おひとり様1点のみのご購入の権利となります。
・お申込みいただいたメールへの返信(完了メール)などは配信されません。
・転売禁止となります。
・サインのほか、加藤氏よりため書き(お渡しする方のお名前)を入れていただきます。申し込み時にご希望の「ため書き」を必ずご記入ください。
 
 
※必ず上記詳細情報をご確認ください。
 
 
 
プロフィール

加藤 泉 (かとう いずみ)
Photo: Guillaume Ziccarelli Courtesy of Perrotin

1969年島根県生まれ。1992年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。
1999年頃より画家として本格的にキャリアをスタート。2005年ニューヨークでの「リトルボーイ:爆発する日本のサブカルチャー・アート」展( ジャパン・ソサエティ・ギャラリー)、2007 年ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(イタリア)に招聘されたことをきっかけに国際舞台で活躍。
2005年より絵画だけでなく、木彫刻をはじめ、現在ではソフトビニール、石、ファブリック、プラモデルなど様々な素材を使いながら、平面から立体作品まで幅広い制作活動を行う。
主な個展として、Red Brick Art Museum (北京、2018年)、Fundación Casa Wabi (Puerto Escondido、メキシコ、2019年)、原美術館/ ハラ ミュージアム  アーク(東京/群馬、2館同時開催)など。現在、東京都庭園美術館で開催中のグループ展「生命の庭―8人の現代作家が見つけた小宇宙」( 2021年1月21日まで)に参加中。
 
THE TETRAPOTZ(ザ・テトラポッツ)
Photo: Yu Xing & Li Yang, Courtesy of Red Brick Art Museum, the Artist and Perrotin, ©2018 THE TETORAPOTZ
 
美術の展覧会をきっかけにアーティスト5 名で結成されたバンド。 主に、美術館やアートプロジェクトなど、アートと交わることのできる場所で活動を展開。作詞作曲、 PV、レコードから舞台装置の設計までを、絵画、彫刻、映像やインスタレーションなどの各分野で活動 するメンバー自身で全てを制作している。 代表的なライブとしては、Red Brick Art Museum (北京、2018年)、ハラ ミュージアム アーク(群馬、2019年)、東京都庭園美術館(+マスクワークショップ、東京、2020年)などがある。2020年11月1月にはCasa Wabi Fundación Project (メキシコ)として、地元小学校の授業でマスクワークショップを行い、校庭にて制作したマスクを被って踊る全校生徒参加のライブを行った。
 
[メンバー]
ギター&ボーカル  パラモデル・ハヤシヤスヒコ
ベース&ボーカル 平嶺林太郎 (Mrs. Yuki) 
ギター&ボーカル 大久保具視 (Mrs. Yuki) 
ドラム 加藤泉
法螺貝&シンセサイザー 南隆雄 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト