【ARTIST NEWS】アートフェア東京2021でも強烈な印象を残した、徹底的にリアリティを追及し「肖像」を構築する、異⾊のアーティストの作品展「上路市剛作品展⽰」を開催

徹底的にリアリティを追及し「肖像」を構築するアーティスト、上路市剛が興福寺の仏像から着想を得て作った作品を展⽰する「上路市剛作品展⽰」を2021年5⽉12⽇(⽔)〜2021年6月11日(金)まで開催します。
 
※今後の国・地⽅⾃治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本展覧会の期間なども変更になる可能性がございます。
変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください。
 
 
 
 
概要
 
今回は、現代アートでありながら⽇本⽂化を強く感じさせるものとして、作家 上路市剛の作品をご紹介します。奈良の興福寺に収められている仏像を元に制作されたという本作品は、作家による徹底的な観察と執着ともいえる情熱によって、現代に再構築されました。その⽣々しさは、リアルを通り越して違和感を覚えるほどです。2015年にSICF16で準グランプリを獲得して以来、国内外のアートフェアに出品された彼の作品は、鑑賞者に強烈な印象を与え続けています。
彼の作品をとおして、現代アートと⽇本⽂化の「重なり」や「違い」を、感じていただければ幸いです。
 
 
 
アーティストステートメント
 
今回展⽰されている作品は、奈良県の興福寺に安置されている仏像をモティーフに制作されています。
 
それぞれの像の頭髪には⾺の⽑が使われていて、四天王は実際の⽇本髪を結うのと同じ⽅法で髪を束ねています。邪⻤も実際の⼈間と同じようにパーマがかけられています。また、各像の特徴的な表情は、鏡で⾃分の顔を観察して⼀つ⼀つの筋⾁の位置や動きを確認しながら細部まで作り込みました。
 
この様な沢⼭の⼯夫や拘りから醸成されるリアリティが私の作品の核です。皺ひとつ、⽑⽳ひとつ、⽑の⼀本まで全ての箇所に強い拘りがあります。
 
モデルになった彫刻、それを作ったアーティスト、それに感化されてこの作品を作った私、その全てのエネルギーを感じ取って頂けたら幸いです。
 
ー上路市剛
 
 
 
アーティストプロフィール
 
上路市剛 / Ichitaka KAMIJI
 
1992年 ⼤阪に⽣まれる
2011年 京都教育⼤学教育学部美術領域 ⼊学
2015年 同⼤学 卒業
 
授賞
2015年 SICF16 準グランプリ
 
個展
2015年「re:male」(京都・ギャラリー知)
2018年「Realism of Sculpture A Reek of Horniness」東京・みんなのギャラリー
2019年「Realism of Sculpture The Place of Holiness」東京・ A/D ギャラリー
2019年「Realism of Sculpture A Reflection of Self」東京・清アートスペース
2020年「Realism of Sculpture」 HOLE IN THE WALL ・東京
 
 
 
イベント詳細
 
「上路市剛作品展⽰」
 
出展作家:上路市剛(かみじ いちたか)
会場:銀座 蔦屋書店内 アートエディション売場前
会期:2021年5⽉12⽇(⽔)〜6月11日(金)※会期は変更になる場合があります。
時間:当店Webサイトをご確認ください。 主催:銀座 蔦屋書店
問い合わせ:03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
 
 
 
作品の販売について
 
銀座 蔦屋書店店頭・OIL by 美術⼿帖にて5⽉12⽇(⽔)10:30〜販売開始
 
\オンラインストアで購入する/
5月12日(水) 10:30~販売開始

 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト