【ARTIST NEWS】超現実的な絵画で注⽬を集めるアーティスト・片山高志による新作個展「矩形の庭」

気鋭アーティストを特集する展覧会シリーズ《銀座 蔦屋書店ART PARTY》の第8回⽬として、⽚⼭⾼志による個展「矩形の庭」を2021年7⽉17⽇(⼟)から8⽉6⽇(⾦)の期間に銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリーにて開催いたします。
 
 
 
 
概要
 
片山高志は、⼈⼯物と⾃然の対⽐をテーマに創作を続けるアーティストです。「意味と無意味」「イメージと物質」といった対⽐的な要素を⼀つのフレームの中に収めることで、静的かつ浮遊感のある⾵景画や静物画を描いてきました。
 
独学で制作を続けてきた⽚⼭は2011年のVOCA展選出を⽪切りに、継続的な個展開催やグループ展を通して作品を発表、近年では2020年のANB Tokyoのグランドオープニング展に参加して注⽬を浴びました。
 
ものとしての存在感を消し去ったようなマチエールとモノクロームの絵画は、観る者の感情移⼊を拒むかのようであり、その⼀⽅で、それは⽇常⽣活や社会との摩擦から起こる世界に対しての⽚⼭の眼差しや認識そのものと⾔うことができるでしょう。「矩形の庭」と題された本展覧会では、矩形に切り取られた絵画そのもの、あるいは矩形それ⾃体がモチーフとなり、私たちの視覚体験に不思議な問いを投げかけます。⽚⼭による超現実的な作品世界をぜひお楽しみください。
 
 
 
作品の販売について
 
作品は銀座 蔦屋書店店頭・オンラインストア「OIL by 美術⼿帖」にて7⽉17⽇(⼟)13時より販売いたします。
※店頭で展⽰されいる作品以外にOIL限定の作品もあります。
 
\オンラインストアで購入する/
7⽉17⽇(⼟)13時より販売開始
 
 
 
銀座 蔦屋書店 ART PARTYとは
 
本企画では21世紀初頭の⼗数年間を⽇本のアートの変節点と捉え、来るべき時代のアートを探求します。銀座 蔦屋書店ならではのオープンな空間に展⽰される作品を通して、アーティストの新鮮で刺激的なアイディア、時代のアクチュアリティ、そしてアートそれ⾃体の醍醐味をより⾝近に感じていただくことのできる展覧会シリーズです。年齢やキャリアを問わず注⽬すべき様々なアーティストを取り上げていきます。
 
 
 
展覧会詳細
 
片山高志 個展「矩形の庭」― 銀座 蔦屋書店ART PARTY 2021.07-08
 
会期:2021年7⽉17⽇(⼟)〜8⽉6⽇(⾦)
時間:当店Webサイトをご確認ください。
※会期は変更になる場合もございます。
会場:銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー
料⾦:無料
主催:銀座 蔦屋書店
お問い合わせ:03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
 
※今後の国・地⽅⾃治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本展覧会の期間なども変更になる可能性がございます。変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください。
 
 
 
アーティストプロフィール
 
片山高志 (かたやま・たかし)
 
1980 岡⼭市⽣まれ
⾼校卒業後独学にて絵画の制作・発表を⾏なっている。
 
主な個展
2016 個展「SOMEWHERE OTHER THAN HERE」THERME GALLERY・東京
2017 個展「EMPTY EMPIRE」Alt_Medium・東京
2019 個展「距離と点景」Alt_Medium・東京、PORT ART&DESIGN TSUYAMA・岡⼭
 
主なグループ展
2011「VOCA展2011」上野の森美術館・東京
2015「北極圏」CfSHE Gallery・東京
2020「ENCOUNTERS」ANB Tokyo・東京
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト