【ARTIST NEWS】独⾃の技法である獏嵌(bakugan)を⽤いて制作を重ねる美術家、清川漠個展「境界線に鋏」を開催

清川漠の新作を含む作品4点を展⽰

気鋭アーティストを特集する展覧会シリーズ「銀座 蔦屋書店ART PARTY」の第14回⽬として、清川漠による個展「境界線に鋏」を2021年12⽉18⽇(⼟)から2022年1⽉7⽇(⾦)の期間に銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリーにて開催いたします。展⽰作品は店頭・オンラインにて販売いたします。
 
 
 
 
概要
 
清川漠は獏嵌(ばくがん)という独⾃の⼿法を⽤いて、実験的な作品に取り組む美術家です。
 
美術⼤学では彫刻作品を制作しながら、ドローイングにも取り組んでいたという清川。より強い線を描くために、彫刻と版画、そして絵画の⼿法を組み合わせた制作⽅法、獏嵌(ばくがん)を⽣み出しました。透明なアクリル板の裏側に、⿊と⽩のアクリル絵の具を被せ、それを削り取るように彫って描き、そこに再び⿊と⽩のアクリル絵の具で彩⾊して作品を制作しています。線を引くという⾏為によって⽣み出される作品は、瞬発性、偶然性、ダイナミズムが交わり合い、鑑賞者の⽬をとらえて離さない魅⼒があります。
 
本展では、今回の展⽰のために制作された新作を含む4点が展⽰されます。
2020年に「SICF21」⽥中景⼦賞受賞、「CAF賞2020」⼊選と、今まさに注⽬の集まる清川漠の作品を、ぜひ会場にてご体感ください。
 
 
 
作品詳細
 
 
 
 
 
 
アーティストステートメント
 
境界線とは誰かが鉛筆で引いた線である

紙に線を引いて境界ができたとしても鋏を⼊れてみれば境界線が引かれた世界ごと切り刻むことができる

私は鋏を常に持って今を⾒つめている

清川漠
 
 
 
アーティストプロフィール
 
清川漠/Baku Kiyokawa(きよかわ ばく)
 
1996年 東京出⾝
2020年 ⼥⼦美術⼤学芸術学部美術学科洋画専攻 卒業
受賞歴及び展⽰歴

<受賞>
「CAF賞2020」⼊選
「SICF21」⽥中景⼦賞受賞
 
<展⽰>
2021年
・個展
「清川漠展」⽇本橋三越本店美術サロン/東京
「空々漠漠」cocoto/京都
「withdrawal」⻲⼾アートセンター/東京
 
・グループ展
「SICF21 Winners Exhibition」スパイラルエスプラナード/東京
「奈落で⽔を飲む」KATA/東京
「 線と_ 」Artas Gallery/福岡
「biscuit gallery Opening Exhibition」biscuit gallery/東京
「買える!アートコレクター展Collectorsʼ Collective vol.3」MEDEL GALLERY SHU/東京
 
2020年
・グループ展
「CAF賞2020」代官⼭ヒルサイドフォーラム/東京
「100⼈10」ログズビル/東京
「Rich Seasons III」オリエアート・ギャラリー/東京
「SICF21」スパイラル/東京
「第43回東京五美術⼤学連合卒業・修了制作展」国⽴新美術館/東京
 
 
 
展覧会詳細
 
銀座 蔦屋書店 ART PARTY 2021.12-2022.1 清川漠個展「境界線に鋏」
 
会期:2021年12⽉18⽇(⼟)〜2022年1⽉7⽇(⾦)
時間:当店Webサイトをご確認ください。
会場:銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー
⼊場:無料
主催:銀座 蔦屋書店
お問い合わせ:03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
 
 
 
作品の販売について
 
銀座 蔦屋書店 店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術⼿帖」にて12⽉18⽇(⼟)12時より販売開始いたします。
 
\オンラインストアで購入する/
12⽉18⽇(⼟)12:00~販売開始
 
 
 
 
銀座 蔦屋書店 ART PARTYとは
 
本企画では21世紀初頭の⼗数年間を⽇本のアートの変節点と捉え、来るべき時代のアートを探求します。銀座 蔦屋書店ならではのオープンな空間に展⽰される作品を通して、アーティストの新鮮で刺激的なアイディア、時代のアクチュアリティ、そしてアートそれ⾃体の醍醐味をより⾝近に感じていただくことのできる展覧会シリーズです。年齢やキャリアを問わず注⽬すべき様々なアーティストを取り上げていきます。
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト