【ARTIST NEWS】抽象と具象の間に独自の造形を見出し、物事の本質を捉えるイラストレーター・杉山陽平の新たなモチーフは「男と女」。 シリーズ「adam_eve」を展示

イラストレーター・杉山陽平による作品展示「adam_eve」を2022年6月25日(土)~7月16日(土)の期間にインフォメーションカウンター前にて開催いたします。抽象と具象のはざまに物事の本質を見出そうとする杉山が、本シリーズでは男性と女性をモチーフとして追求しています。
 
 
 
 
概要
 
杉山陽平は、これまでに書籍や雑誌のほか、百貨店のサイネージや広告、化粧品会社のWEB動画、高級ホテルの内装のアートワークなどを手掛けてきました。
和のテイストのほか機械や人間、乗り物など、取り上げるモチーフは幅広く、いずれも抽象と具象の狭間を描くことによって、ものごとの本質をあぶりだすことを創作のテーマとしています。

今回展示する「adam_eve」シリーズは、私たちが持つ「こうあるべき」という認識の縛りを脱したときに残るであろう人間の本質について、男性と女性をモチーフに表現したものです。「アダムとイブ」というアイコンを抽象化することにより、効率化や合理化が進む現代の中で個性が埋もれていきがちな現代の人間の姿を映し出しています。
人間の身体性や情緒はにじみや擦れなどの技法で、技術や社会構造の絶え間ない変容とそれによって受ける影響は、グラフィカルでシャープなラインで表現されています。杉山陽平の視点から「男と女」の本質に迫った本シリーズをお楽しみください。
 
“adam_eve 004” エディション:ed.10 ap.1_51.5x72.8 cm
 
 
 
アーティストプロフィール
 
杉山陽平(すぎやま ようへい)
金沢美術工芸大学 視覚デザイン科卒業。
【個展】
2005年 「オンナ」 (HBギャラリー、東京)
2010年 「気まぐれ食堂」 (HBギャラリー、東京)
2019年 「杉山陽平展 花」 (ヨロコビtoギャラリー、東京)
2022年 「杉山陽平展 詠う形」(ヨロコビtoギャラリー、東京)
【受賞】
2004年 第133回玄光社「ザ・チョイス」入選2005年
2004年 第14回『HB FILE コンペ』 仲條正義特別賞
2005年 第15回『HB FILE コンペ』 仲條正義特別賞
2009年 東京TDC賞2009/賞ノミネート
2009年 第9回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2009 入選
2015年 東京TDC賞2015/賞ノミネート
2020年 第30回『HB FILE コンペ』 永井裕明特別賞
 
 
 
展覧会詳細
 
杉山陽平 個展「adam_eve」
 
会期:2022年 6⽉25 ⽇(土)〜7⽉16⽇(土)※終了⽇は変更になる場合があります。
時間:当店Webサイトをご確認ください。
会場:銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
⼊場:無料
主催:銀座 蔦屋書店
お問い合わせ:03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
 
“adam_eve 022” エディション:ed.10 ap.1_51.5x72.8 cm
 
 
 
販売について
 
店頭およびアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて、2022年6月25日(土)10:30 より販売開始いたします。
 ※作品はプレセールスの状況により、会期開始前に販売終了することがあります。
 
\オンラインストアで購入する/
2022年6月25日(土)10:30 ~販売開始
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト