【ブログ meganegoshi】青森滞在記ー1
十和田市現代美術館「スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ」

こんにちは!中村です。今回はちょっと足を伸ばして青森まで行ってきたので、青森滞在記をお送りします。


十和田市現代美術館 外観

まず訪れたのは「十和田市現代美術館」。十和田市現代美術館は「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」として、2008年に開館しました。今年で開館10周年!おめでとうございます!
まず目を惹くのは、いくつもの白い箱(展示室)からできている建築。それぞれの展示室を、「アートのための家」として独立、分散して配置され、それらがガラスの廊下でつながっています。設計は建築家の西沢立衛さん。西沢さんといえば、SANAAでの設計金沢21世紀美術館やルーブル・ランス、そして豊島美術館などなど多くの美術館を手がけられています。どれもが、十和田市現代美術館のように、鑑賞という行為を超えて、アートを全身で体験できる空間だなとしみじみ感じます。
そんな美術館で出会うことができるのは、十和田でしかみることができない38点の作品たち。草間彌生、ロン・ミュエクなど世界で活躍する33組のアーティストによるコミッションワークが、常設されています。

アートの家、一軒一軒、全く表情が違うので、次はどんな作品に出会えるのだろう、次の家では何が待っているんだろうと、透明の廊下を歩きながらドキドキ。


オノ・ヨーコ《念願の木》

こちらはオノ・ヨーコさんの《念願の木》。メガネ越しもこっそりお願いごとをしてきました。企画展も忘れてはいけません。現在は、「スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ」が開催中です。スゥさんは韓国出身のアーティスト。スゥさんの作品は、常設でも展示されています。それがこちら。


《コーズ・アンド・エフェクト》2008年

数万体の樹脂製の人型彫刻が連なって、シャンデリアのようになっています。中心の真っ赤な人は生命が燃えているようで、周りの透明な人は魂が抜けた幽霊のように見え、生と死の連なりに感じました。企画展はスゥさん自身が「スーツケース・ホーム」と呼ぶ、代表的シリーズ、半透明の布でできた構造物の新作が並びます。透ける布の家。家々とガラスの廊下から構成されている十和田市現代美術館にぴったりのテーマですね。

「スゥさんの作品は構造物の美しさがよりきわ立ち、家に帰った後も自分の自宅になぜか愛着を持つようになりました。作品から作家の視点がダイレクトに伝わり、日々の生活の見方が変わる気がしております」と、十和田市現代美術館のスタッフさん。確かに、スゥさんの作品からは、普段は見えない家のうちなる美しさが浮かびあがってきます。

こちらの新作大型彫刻は中を通り抜けることができます。繊細な布で構築されたスゥさんの家は、呼吸をしているかのようで、そこに住む人々の生活の手触り、匂い、空気が伝わってきそうでした。さらに透けている布だからでしょうか、壁が、何かと何かの境界や隔たりではなく、外と内とを融解しているようで、作品の中を歩きながら、異界にいる不思議な気持ちになりました。家の中のアイテムたちも、やわらかな素材で作られることで、それを使用している人々の行為や、音が伝わってきそう。

ガラスの廊下を通り抜け、企画展に向かい、スゥさんの作品の中を通り抜ける。まさに、この「パサージュ」な体験は、「アートのための家」が建ち並ぶ十和田市現代美術館でしかできません!!ぜひ、不思議な通り抜け体験をしに、十和田へ!!


草間 彌生《愛はとこしえ十和田でうたう》

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連商品情報】
「スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ」の図録は銀座 蔦屋書店の店頭、オンラインストアでもご購入いただけます。

【関連展覧会情報】
スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ
会期:2018年6月2日(土) - 10月14日(日)
場所:十和田市現代美術館
WEB:http://towadaartcenter.com/exhibitions/passages/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト