【ARTIST NEWS】国内外で注目の現代美術家 AKI INOMATAサイン入り作品集&トークイベント予約開始

[サイン入り作品集のご購入]
 

 
 
<初回限定サイン入り>
『AKI INOMATA: Significant Otherness
生きものと私が出会うとき』
 
AKI INOMATA氏の初の作品集です。
代表作の《やどかりに「やど」をわたしてみる》から、新作の《ギャロップする南部馬》まで、13のプロジェクトを本人の解説と美しいビジュアルで紹介しています。
 
出版社:美術出版社
版型 A5/176p
 
 
 
[トークイベント開催]
 

 
トークイベントも開催|AKI INOMATA が銀座蔦屋書店に!
 
現代美術家 AKI INOMATA氏と写真家・映像人類学者の港千尋氏によるトークイベントを、10月28日(月)に銀座 蔦屋書店内 BOOK EVENT SPACEにて開催
 
 
[AKI INOMATAとは?]
 
AKI INOMATA氏は、世界各地の都市をモチーフとし、3Dプリンタを用いて制作されたヤドカリの殻に、生きたヤドカリを実際に引っ越しさせる《やどかりに「やど」をわたしてみる》など、生きものとの協働作業によってユーモアのある作品を制作しています。
 
日本の美術館では初となる個展「AKI INOMATA:Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」 (青森・十和田市現代美術館)の開催にあわせ刊行された作品集は、その個展の内容が収録されたAKI INOMATA氏の初の作品集です。代表作の《やどかりに「やど」をわたしてみる》から、新作の《ギャロップする南部馬》まで、13のプロジェクトを本人の解説と美しいビジュアルで紹介しています。
 
 
[プロフィール]
 
AKI INOMATA (あき いのまた)
1983年東京生まれ。東京都在住。2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修士課程修了。 2017年ACCの招聘でニューヨークに滞在。
 近年の主な展覧会に、「第22回 ミラノ・トリエンナーレ」(トリエンナーレデザイン美術館、2019)、「タイビエンナーレ 2018」(クラビ市内、タイ、2018)、「Aki Inomata, Why Not Hand Over a “Shelter" to Hermit Crabs?」(ナント美術館、フランス、2018)、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」(2016)、「ECO EXPANDED CITY」(WRO Art Center、ヴロツワフ、ポーランド、2016)など国内外多数。
 
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト