銀座 蔦屋書店 EVENT SPACE Opening Program「Sensible Garden 感覚の庭」

EVENT-SPACE
EVENT SPACE 2017年04月20日(木) - 05月31日(水)
銀座 蔦屋書店の開業にあたり、3人のアーティストがそれぞれの作品を展示いたします。

このたびのOpening Programでは、「Sensible Garden 感覚の庭」と題し、GINZA SIX内「LOUNGE SIX」のインテリアデザインを手がけられている杉本博司氏、銀座 蔦屋書店内に作品を展示する名和晃平氏、そしてオープニングパーティのディレクションに関わる蜷川実花氏ら、GINZA SIXにゆかりのある3人が銀座 蔦屋書店 EVENT SPACEに作品を展示いたします。

文化や芸術を愛する大人が集う場を目指す、銀座 蔦屋書店 EVENT SPACEの最初の展示をお楽しみください。

【参加条件】
どなたでも無料でご入場いただけます。

【プロフィール】
杉本 博司 (すぎもと ひろし)
現代美術作家。
1948年東京生まれ。1970年に渡米、1974年よりニューヨーク在住。
徹底的にコンセプトを練り上げ、8x10インチの大型カメラで撮影する手法を確立。
精緻な技術によって表現される作品は世界各地の美術館に収蔵。
2017年10月には、マリアン・グッドマン・ギャラリー、ロンドンにて26日より「劇場」「オペラハウス」「廃墟劇場」シリーズを網羅する個展、27日より同ギャラリー、パリにて「海景」シリーズの新作を発表する個展を同時開催予定。
2009年高松宮殿下記念世界文化賞、2010年紫綬褒章、2013年フランス芸術文化勲章オフィシエ等受賞・受章多数。

名和 晃平 (なわ こうへい)
1975年生まれ。彫刻家、京都造形芸術大学教授。
2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。
2011年、東京都現代美術館で個展「名和晃平 - シンセシス」を開催。
独自の「PixCell」という概念を軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。
近年は建築、舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出すことに挑戦している。

蜷川 実花 (にながわ みか)
写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。
映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像作品も多く手がける。
2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。
2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。
2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
  • 会期 2017年04月20日(木) - 2017年05月31日(水)
  • 時間 9:00~23:30(営業時間) ※4月20日~23日は10:30~
  • 場所 EVENT SPACE
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 協力 ギャラリー小柳/SANDWICH Inc./TOMIO KOYAMA GALLERY/有限会社ラッキースター/JTQ inc.
  • 問い合わせ先 銀座 蔦屋書店 EVENT SPACE 担当 03-3575-7750(受付時間:10:00~19:00)
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

OTHER STORES

他店舗情報