【フェア】DAIDO MORIYAMA COLLECTION

写真|STARBUCKS
第一部 写真展:アートウォールギャラリー 第二部 スターバックス前売場 2020年06月25日(木) - 07月22日(水)
 

一部のサイトで24日(木)開始と告知がされておりますが25日(木)からの開始となります。申し訳ございません。
 
日本を代表する世界的な写真家・森山大道の厳選した写真作品と、有数のコレクターズアイテムを集めたヴィンテージフェア「DAIDO MORIYAMA COLLECTION」を二部構成で開催いたします。
現在、都内で大規模個展が開催されるなど80歳を過ぎた現在も世界の第一線で活躍を続ける森山大道。

都市の路上から街を撮り続け、「アレ・ブレ・ボケ」と形容されるハイコントラストでフィルムの粒子の粗い作風は、写真界のみならず、国内外のクリエイターやアーティストに衝撃を与え、ファンを魅了し続けています。

「写真は何らかのものに印刷されて社会に流通することで成立すると思っている」という自身の思いのもと、ジャンルを超えて幾度となくコラボレーションして生まれた作品は、オーディエンスへ常に鮮烈な印象を残しました。
 
本企画では作家として多くの実験を重ね、拡張された表現の中から生まれた平面作品を中心に、二部構成に渡ってその魅力をお伝えします。

6月25日(木)から7月17日(金)まで写真作品とキャンバス作品から構成される展示を開始し、展示会期中の7月1日(水)から7月22日(水)にかけて、同展示会場近くの特設コーナーにて、シルクスクリーン作品・ポスター・写真集など、多くのデザイナーやアーティストとのコラボレーションにより制作された希少性の高いヴィンテージ作品を集めたフェアを同時開催いたします。

また、オンラインショップでは全てにサインの入ったアイテムを一挙公開いたします。
森山大道の作品の魅力を、存分にお楽しみください。
 
 
[プロフィール]
森山大道 (もりやま だいどう)
 
1938年大阪生まれ。
写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年に独立。
写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。
1968-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ"と形容され、写真界に衝撃を与える。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催するなど世界的評価も高い。
2012年ニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。
2012年ウィリアム・クラインとの二人展「William Klein + Daido Moriyama」がロンドンのテート・モダンで開催。
2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。
2018年フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」受賞。
2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。
 
[作品販売]
6月25日(木)より、店頭、オンラインで販売開始します。
 
 
 
 

 
  • 会期 第一部:6月25日(木)〜7月17日(⾦) 第二部:7月1日(水)~7月22日(水)
  • 場所 第一部 写真展:アートウォールギャラリー 第二部 スターバックス前売場
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 協力 AKIO NAGASAWA GALLERY、一般財団法人森山大道写真財団
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト