【GINZA ATRIUM】展覧会 Input/Output

GINZA ATRIUM
GINZA ATRIUM(イベントスペース) 2020年08月11日(火) - 08月23日(日)
このたび、 店内のイベントスペース「GINZA ATRIUM」(ギンザアトリウム)にて、ここ数年精⼒的に活動している現代アーティスト4名によるグループ展を開催いたします。
 
展覧会概要
日本の現代アートシーンで活躍する新進アーティストによるグループ展となる本展では、 NIKEの内装制作、 SHISEIDO ART EGG賞受賞、 『群馬青年ビエンナーレ 2017』奨励賞受賞、 片岡真美キュレーション KUAD ANNUAL 2019 宇宙船地球号選抜など、 近年目覚ましい活躍をしている4名の作家の作品を展示いたします。 
彼らはみな、 独自のコンセプトや技法を用い、 意外性のある作品の制作をおこなっています。 ストリートカルチャーのような人工的色彩で描かれた日本画、 多様な技法・素材を用いて彫刻的な感覚で描かれた平面作品や、 彫刻でありながらデジタルな世界を想起させる首像たち、 デジタルな「コピー&ペースト」をアナログな手法で表現したペインティングなど、 これまでにもあった技法や、 日常的に行っている動作・感覚といったインプットが、 作家のフィルターをとおすことで強い独自性を感じる表現でアウトプットされています。 今回の展覧会での彼らの「Input/Output」を通して、 彼らが感じてきたこと・いま伝えたいものを感じていただける機会となれば幸いです。 
 
出展作家

一林 保久道 / Hokuto Ichibayashi (いちばやし ほくと)
1992 年石川県生まれ。 京都精華大学日本画専攻卒業。 
大学では幼い頃から慣れ親しんだ日本画を専攻しましたが、 現在の彼は一般の人々がイメージする日本画とはかけ離れた作品を生み出しています。 筆の運びや構図から日本画の技術を感じる一方、 一般的に日本画では使われないような人工的な色彩は、 パソコンのグラフィックやストリートカルチャーを想起させます。 伝統的な技術と現代的な感覚が共存する作品をご覧ください。 
 
[個展]
2020年「THE TOWER」ダイトカイ・東京
2019年「THE TOWER」藤井大丸・京都
2018年「melee close in」ANAGRA・東京
2017年「FIGHTER」argument gallery・東京
2017年「WEIRD AND WONDERFUL」gallery space HALO ・東京
[グループ展]
2019年「人物と風景」The blank gallery・東京 
2018年「memento mori」L'illustre Galerie LE MO NDE・東京 
2018年「EPIC PAINTERS vol.4」 The blank gallery・東京 
2018年「ヤングマンズ」kara-s・京都
 
Confused_by_figurines  2020  Acrylic color,metal foil,canvas  1050 × 780 mm
 
 
 
川内理香子 / Rikako Kawauchi (かわうち りかこ)
1990年東京都生まれ。 多摩美術大学大学院 美術学部 絵画学科 油画専攻修了。 
川内理香子が大事にしているキーワードの一つとして挙げられるのが「身体(しんたい)」です。 食に強い興味を持ち、 食べることによる自身の体の変化に着目しています。 自分のものでありながら、 捉えがたく支配しがたい体と思考の境い目やバランスを、 鉛筆・油絵具・針金・ネオン管など様々なマテリアルを用いて作品に映し出し、 空間に迫ってくるような平面作品を制作しています。 
 
[個展]
2020年「Myth & Body」日本橋三越・三越コンテンポラリーギャラリー・東京
2018年「human wears human / bloom wears bloom 」鎌倉画廊・神奈川
   「Tiger Tiger, burning bright」WAITINGROOM・東京
2017年「Something held and brushed」東京妙案GALLERY・東京
   「NEWoMan ART wall Vol.7:Easy Chic Pastels 川内理香子 - NEWoMan ART wall」
    JR新宿駅ミライナタワー改札横のディスプレイ・ニュウマン新宿2Fメインエントランス前・東京
2016年「ART TAIPEI 2016」WAITINGROOMソロブース, Taipei World Trade Center・台北 台湾
   「Back is confidential space. Behind=Elevator」WAITINGROOM・東京
2015年「コレクターとアーティスト:川内理香子」T-Art Gallery・東京
   「SHISEIDO ART EGG vol.9 : Go down the throat」資生堂ギャラリー・東京
[グループ展]
2020年「個性の開花Ⅱ ポスト伊作世代~昭和から平成の文化学院で学んだ人々」ルヴァン美術館・長野
    「Spinner Markt」スパイラルガーデン・東京
2019年「写真」3F/3 階・東京
   「drawings」ギャラリー小柳・東京
2018年「ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス」渋谷ヒカリエ 8/COURT・東京
2017年「spiral take art collection 2017「蒐集衆商(しゅうしゅうしゅうしょう)」スパイラルガーデン・東京
   「NEWSPACE 」WAITINGROOM・東京
   「ミュージアム・オブ・トゥギャザー展」スパイラル・東京
   「平成28年度第40回東京五美大連合卒業・修了作品展」国立新美術館・東京
2016年「Stereotypical」GALLERY PARC・京都
2015年「デッドヘンジ/エステティック」HIGURE 17-15 cas・東京
2014年「第1回CAF賞入賞作品展 - TABLOID GALLERY・東京
   「That I shall say goodnight till it be morrow」新宿眼科画廊・東京
2013年「凸展」TKPシアター柏、アートラインかしわ2013・千葉
   「Home Made Family - CASHI冷蔵庫内・東京
   「Sleep No More - 多摩美術大学芸術祭・東京
2012年「OTHER PAINTING XI」epper's Gallery・東京
   「凸展」そごう柏店、アートラインかしわ2012・千葉
   「ドーナツのない穴 」多摩美術大学芸術祭・東京

three heads  2020  watercolor and pencil on paper  1100 x 840 mm
 
 

菅原玄奨 / Gensho Sugahara(すがはら げんしょう)
1993年東京都生まれ。 東京造形大学大学院 美術研究科修了。 
今回唯一の立体作品を展示する菅原玄奨は、 彫刻の中でも木や石を彫るのではなく、 粘土を使って「塑像(そぞう)」と呼ばれる造形方法を用いています。 彼の作品は例えば日本古来の塑像彫刻である仏像のような作品とは異なり、 彼が触った後を感じられるような触感性を残しています。 どこかデジタルな世界も思い起こさせる、 無機質な質感や見る角度で異なる色彩からは、 彼のテーマとする現代人の佇まいや匿名性を受け取ることができます。 
 
[個展]
2020 年「a girl 3」SHIBUYA TSUTAYA・東京
2017 年「東京の人」Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi・東京
2016 年「invisible」TAV GALLERY・東京
[グループ展]
2019 年「Collectors’ Collective vol.1」MEDEL GALLERY SHU・東京
    「シブヤスタイル vol.13」西武渋谷店美術画廊・東京
    「LUMINE ART FAIR -My First Collection-」LUMINE 0・東京
    「LUMINE ART FAIR at rooms 39」五反田 TOC ビル・東京
    「東風」武蔵野美術大学、東京造形大学・東京
    「The Hidden God」Kiyoshi Art Space・東京
    「MID CORE」TAV GALLERY・東京
    「Busan Annual Market of Art 2019」BEXCO・釜山
    「The Metamorphosis」EUKARYOTE・東京
    「CVJ Workplace Art Project」ヤフー株式会社・東京
2018 年「シブヤスタイル vol.12」西武渋谷店美術画廊
    「美に宿る声に触れる日」GINZA SIX 蔦屋書店・東京
    「OASIS 2018」品川インターシティー・東京
    「NAKAMA de ART」帝国ホテルプラザ・東京
    「Busan Annual Market of Art 2018」BEXCO・釜山
    「YOUNG ARTIST EXHIBITION 2018」EUKARYOTE・東京
    「Future Artist Tokyo-スイッチルーム-」東京国際フォーラム・東京
2017 年「群馬青年ビエンナーレ 2017」群馬県立近代美術館・群馬
2015 年「人体の余白」東京造形大学・東京
 
Tactile #07  2020  Resin,Wood  180 × 180mm
 
 

山本捷平 / Shohei yamamoto (やまもと しょうへい)
1994年神奈川県生まれ。 京都造形芸術大学大学院 芸術先攻 ペインティング領域 修了。 
作品の特徴の一つである、 私たちがデジタルな場面で使用している「コピー&ペースト」という動作をあえてアナログな方法で表現する方法は、 学生時代に画面にぶちまけた絵具を偶然もっていたローラーで延ばしたことから生まれました。 キャンバスの端に描いた図柄を、 ローラーで転がすことによって、 デジタルでは見られない偶然性や変化を生み出し、 彼のテーマである「実体とはなにか」を追求しています。  
 
[個展] 
2020年「Re:Reiterate」アンスティチュ・フランセ東京・東京 
2019年「山本捷平 個展 What is the “entity”」Medel Gallery Shu・東京 
     「山本捷平 個展」西武渋谷 美術画廊・東京 
[グループ展]
2020年「collector’s collective vo.1」Medel Gallery Shu・東京 
     「nine colors」そごう広島店・広島 
2019年「SHIBUYA STYLE vo13」西武渋谷 美術画廊・東京 
     「KYO」美濃屋町町屋・京都
     「京都造形芸術大学卒業制作選抜展 KUAD ANNUAL2019『宇宙船地球号』」東京都美術館・東京 
 
Reiterate-lines-  2018  Oil on Canvas  2273 × 1818mm
 
 
  • 会期 2020年8月11日(火)〜23日(日) 
  • 時間 営業時間はトップページにてご確認ください
  • 場所 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
  • 料金 無料
  • 主催 銀座 蔦屋書店
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト