【トークイベント&サイン会】
写真家・野村恵子×写真家・石内都
From the beginnings それは写真集から始まった。

写真
BOOK EVENT SPACE 2019年 01月26日(土)
石内都と野村恵子の交流は十数年前、写真雑誌に掲載された野村のデビュー作となる沖縄の作品を見た石内都が関心を持ったことから始まった。
 
ふたりにとっての作品が生まれる始まりやきっかけとは? 写真と写真集との関係とはどんなものなのか?
写真作品と写真集にまつわる話を、制作過程の話も含めて、深く本音で話します。
 
【参加条件】
銀座 蔦屋書店にて、下記の対象商品をご予約・ご購入いただいた方にご参加いただけます。
・【イベント参加対象書籍】野村恵子『Otari-Pristine Peaks 山霊の庭』:6,264円/税込
・【イベント参加対象書籍】石内都『Beginnings : 1975』:3,456円/税込
・【イベント参加対象書籍】石内都『From YOKOSUKA』:4,644円/税込
・イベント参加券:1,500円/税込
※書籍はイベント当日に店頭にてお渡しさせていただきます。
 
【お申込み方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
オンラインショップ
※オンラインショップでの受付は2019/1/25(金)午前9時の受注分までとさせていただきます。
 
【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
*サイン会に関しましては、ご購入いただいた対象書籍とさせていただきます。
 
【プロフィール】
野村 恵子(のむら けいこ)
兵庫県神戸市生まれ。同志社女子大学英米文学部中退、大阪ビジュアルアーツ専門学校卒業。卒業後、渡米。ロサンゼルス、サンタフェにて写真を学ぶ。99年に沖縄をテーマにした写真集『DEEP SOUTH』をリトルモアより刊行。同年、同名の写真展を渋谷パルコギャラリーにて開催。98年「コニカプラザ新しい写真家登場」年間グランプリ、99年日本写真協会新人賞、2000年東川賞新人作家賞を受賞。新刊はス-パ-ラボより出版、発売された『Otari-Pristine Peaks 山霊の庭』。個展開催数は四十回を超え、グループ展も国内外にて多数参加。2016年、東京都写真美術館で開催された「東京・Tokyo」展に出展。奈良市写真美術館で展覧会が開催中。

石内 都(いしうち みやこ)
1947年桐生市生まれ。横須賀市で育つ。2005年第51回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表。2007年より被爆者の遺品を撮影した「ひろしま」を発表。2014年ハッセルブラッド国際写真賞を受賞。2015年J・ポール・ゲッティ美術館にて個展「Postwar Shadows」。2016年『フリーダ愛と痛み』を出版。2017年個展「肌理と写真」横浜美術館で開催。作品は、東京国立近代美術館、横浜美術館、東京都写真美術館、J・ポール・ゲティ美術館、テート・モダンなどに収蔵されている。


  オンラインショップでの受付は2019/1/25(金)午前9時の受注分までとさせていただきます。
  ※配送の無い商品(*1)のオンラインショップでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
   代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
    *1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。

  • 会期 2019年1月26日(土)
  • 時間 19:30~21:00
  • 場所 BOOK EVENT SPACE
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 共催・協力 スーパーラボ、蒼穹舎
  • 定員 60名
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト