【展覧会】An Encounter of Two Colorists
二人のカラリストの出会い
David Hockney | Heihachiro Fukuda
デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎

ART-GALLERY-THE-CLUB
ART GALLERY THE CLUB 2019年02月16日(土) - 03月30日(土)
この度、THE CLUBはデイヴィッド・ホックニーと福田平八郎の二人展を開催いたします。
 
イギリスを代表する画家であるホックニーは、1971年に初めて来日した際に、京都市美術館で開催されていた「京都日本画の精華展」を訪れ、福田平八郎の作品に出会いました。この展覧会には、福田の「漣」や「新雪」が出展されており、ホックニーは、その色使いや構図に圧倒され、ロンドンのテート・ギャラリーで福田の個展を開きたいとまで話していたそうです。また、ホックニーが日本を訪れた後に描いた「ウェザーシリーズ」の「雪」や「雨」、そして水の表現や風景画には、福田平八郎の影響を見てとることができます。
 
絶えず遊動し続ける水面や、波紋が放つきらめき。日向と日陰で変化するヴィヴィッドな色合い。国籍も時代も違う二人のアーティストが魅せられたもの、それは自然のリズムと彩り。
 
ホックニーと福田は共に、日常の情景をひたすらに描き続け、その大胆な色面構成によって、限り無く抽象に近い作品を生み出してきました。目の前に何があるのかではなく、どのような色があるのか。意識を物体から色彩へと向けることで、全く新しい世界が見えてくるのではないでしょうか。
 
本展覧会では、iPadを用いて描かれた、ホックニーの「The Yosemite Suite」シリーズを、「花菖蒲」をはじめとした福田の代表作品6点と共に展示致します。
 
二人の出会いを紹介するとともに、西洋と東洋を超えた今世紀を代表するカラリストの競演をお楽しみください。

THE CLUB is pleased to present David Hockney | Heihachiro Fukuda, the exhibition exploring the affinities between the most celebrated Colorist painters of this century.
 
David Hockney made his first trip to Japan in 1971 and visited “Kyoto Nihonga No Seika [The Essence of Japanese-Style Painting in Kyoto]” exhibition at Kyoto Municipal Museum of Art, where he came across the work of Heihachiro Fukuda. This exhibition included Fukuda's “Sazanami [Ripples]” and “Shinsetsu [Fresh Snow]” whose colors and compositions deeply amazed Hockney. He is said to have even proposed Fukuda's solo exhibition at Tate Gallery in London. Furthermore, influence from Fukuda’s works as well as Japanese art could be recognized in several works Hockney made after his visit to Japan, such as “Snow” or “Rain” from his “Weather Series”.
 
The playful shining ripples of the water’s surface. Vivid colors of nature change their expressions in the sunlight. The rhythms and colors of nature are the most notable elements of the two colorists’ oeuvre.
 
Both Hockney and Fukuda have painted the reality of nature with such bold color field composition which transforms their figurative paintings to look almost like abstract paintings. 
Rather than depicting what is actually there, its focus is on color which is a form interchangeable with appearance. This shift of consciousness from object to color may change our worldview.
 
The exhibition highlights the dialogue between Eastern and Western aesthetics by juxtaposing Hockney’s iPad drawings “The Yosemite Suite”  with the six masterpieces by Fukuda, including “Blue flags”.
 
【プロフィール】
デイヴィッド・ホックニー
1937年イギリス、ブラッドフォードに生まれる。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートを首席で卒業。 1964年以降、おもにロサンゼルスを拠点に活動。 同性愛者であることを公表し、ポートレイト作品にも積極的に表現している。昨年、オークションにて存命のアーティストによる作品としては最高額の約102億円で落札される。今年82歳。
 
福田 平八郎(ふくだ へいはちろう)
1892年大分市に生まれる。京都市立絵画専門学校卒。京都市立絵画専門学校助教授、帝展、文展及び日展の審査員歴任を経て、文化勲章を受賞。大分市第1号名誉市民、また京都市名誉市民としても表彰を受ける。大正から昭和にかけて日本画壇を代表する巨匠のひとりとして活躍。1974年没。享年82歳。
 
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
■「THE CLUB」WEBサイト http://theclub.tokyo/
----------------------------------------------------------------------------------------------------
  • 会期 2019年2月16日(土) - 3月30日(土) ※休廊日 2019年2月25日(月)、26日(火)
  • 時間 11:00~19:00(営業時間)
  • 場所 ART GALLERY THE CLUB
  • 主催 銀座 蔦屋書店内 THE CLUB
  • 問い合わせ先 03-3575-5605
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

STORE LIST

ストアリスト