【フェア】池波正太郎-30年の時を経て-

日本文化
BOOK売場(日本文化) 2020年09月15日(火) - 10月31日(土)
今年で没後30年の池波正太郎。彼は、日本の代表的な時代小説・歴史小説家です。『鬼平犯科帳』『剣客商売』といった代表作は、映像化・漫画化されており、多くの人々に親しまれてきました。

また、彼は美食家としても知られており、食のエッセイも執筆しています。

彼は、食に対する「作法」を持っています。天ぷらを食べる前はお腹を空かせ、揚げたてのものを食べること。ビールは継ぎ足さずにコップ三分の一ほどに注ぎ、飲み干すこと。わさびは醤油に溶かさず刺身の上に乗せること……。この「作法」は、彼の粋な姿を表しているようです。

粋な彼の紡ぐ物語は、どのようなものなのでしょうか。小説・エッセイの二つの観点から見てみましょう。

池波正太郎 (いけなみ しょうたろう)
時代小説・歴史小説作家。1923年東京都浅草出身。
代表作に『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』を持ち、絶大な人気を誇る。また、エッセイストとしての一面も持ち、数々のエッセイも執筆。
1990年、急性白血病で逝去。
 
[オンラインストアお取り扱い商品]
 

イラスト・図説でよくわかる
江戸の用語辞典

▶オンラインストア

池波正太郎を
”江戸地図”で歩く

▶オンラインストア

江戸の暮らし図鑑
女性たちの日常

▶オンラインストア
  • 会期 2020年09月15日(火) - 2020年10月31日(土)※変更になる場合があります。
  • 時間 当店Webサイトをご確認ください。
  • 場所 BOOK売場(日本文化)
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト