【フェア】 日本のものづくり 第一回
SOU・SOU 伝統的な素材や技法からのものづくり
SOU・SOU デザインからのものづくり

日本文化
BOOK売場(日本文化) 2021年04月23日(金) - 07月11日(日)
日本には古くからの伝統工芸的な技、職人的な技を今も受け継ぎ、ものづくりをされている工房や会社が数多くあります。「日本のものづくり」はその部分に焦点をあて、ご紹介していくシリーズです。
第一回目の今回は、京都で『新しい日本文化の創造』をコンセプトに、日本の伝統的な素材や技法を積極的に取り入れながら、現代のライフスタイルに合うものづくりをされている「SOU・SOU」を取り上げます。

フェアは2つのテーマから構成致します。
 
「伝統的な素材や技法からのものづくり」
地下足袋や進化した和装をメインに、多岐に渡る商品を展開しているSOU・SOUは、日本の伝統的な素材にも着目し、江戸時代から250年以上続いている「伊勢木綿」などの産地を「売れる商品を作る」ことで支援し続けています。
その「素材や技法からのものづくり」をご紹介致します。
 
「デザインからのものづくり」
日本の四季や風情をポップに表現したSOU・SOUの図案は、テキスタイルデザイナーの脇阪克二氏によるものです。
脇阪氏の描く原画をもとに、プロデューサーの若林剛之氏と企画チームでパターンや配色等綿密に検討し、様々なアイテムを作り出しています。
その「デザインからのものづくり」をご紹介致します。

フェアではSOU・SOUの手ぬぐいやがま口、袋ものなどの雑貨をはじめ、足袋下(くつした)やマスク、またお菓子やお茶、ミニボトルもお取扱い致します。また脇坂克二氏のテキスタイル原画も展示致します。
書籍と併せてぜひお楽しみ頂ければと思います。
 
[オンラインストアお取り扱い書籍]
 

脇阪克二のデザインマリメッコ、
SOU・SOU、
妻へ宛てた一万枚のアイデア

▶PayPayモール
▶T-SITEショッピング

伝統の続きをデザインする
SOU・SOUの仕事


▶PayPayモール
▶T-SITEショッピング
 
  • 会期 2021年04月23日(金) - 2021年07月11日(日)※終了日は変更になる場合があります。
  • 時間 当店Webサイトをご確認ください。
  • 場所 BOOK売場(日本文化)
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト