※満員御礼※【トークイベント】 柴田元幸
『本当の翻訳の話をしよう』刊行記念トークイベント

文芸
STATIONERY 2019年 05月13日(月)
 
※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※
 
5月9日に発売となる『本当の翻訳の話をしよう』(スイッチ・パブリッシング)の刊行を記念して、著者のおひとりである、翻訳家・柴田元幸さんによるトークイベントを開催します。
 
柴田さんが長年翻訳の仕事を共にしてきた作家・村上春樹さんと、主に20世紀アメリカ文学を題材に、「小説」と「翻訳」について語り合った一冊『本当の翻訳の話をしよう』。今回のトークイベントでは、柴田さんがその舞台裏を語ります。
 
また、柴田さんが責任編集を務める文芸誌『MONKEY』より、現在発売中の最新号『MONKEY』17号(特集:哲学へ)の関連作品の紹介や朗読、6月15日発売予定の次号『MONKEY』18号(特集:猿の旅行記)の予告なども行う予定です。
 
ぜひ奮ってご参加下さい。
 
 
【参加条件】
銀座 蔦屋書店にて、下記商品をご購入いただいたお客様にご参加いただけます。
・書籍付き(『本当の翻訳の話をしよう』:1,944円/税込)イベント参加券:2,500円/税込
 
※オンラインショップでご購入いただいた際は、当日お渡しさせていただきます。
 
【お申込み方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
・オンラインショップ
 
 
【ご注意事項】
・イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
・当日の座席は、先着順・自由席でお座りいただきます。
・参加券の配布はお1人様1枚までとさせていただきます。
・お客様都合でのキャンセルは承っておりません。
・参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
・定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
・止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
 
【プロフィール】
柴田 元幸(しばた もとゆき)
1954年生まれ。米文学者、東京大学名誉教授、翻訳家。ポール・オースター、スティーヴン・ミルハウザー、レベッカ・ブラウン、ブライアン・エヴンソンなどアメリカ現代作家を精力的に翻訳。著書に『ケンブリッジ・サーカス』、『柴田元幸ベスト・エッセイ』など。最近の訳書にジャック・ロンドン『犬物語』、ポール・オースター『インヴィジブル』、スチュアート・ダイベック『路地裏の子供たち』など。現在、文芸誌『MONKEY』の責任編集を務めている。
  • 日程 2019年5月13日(月)
  • 時間 19:30~21:00
  • 場所 STATIONERY
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 共催・協力 スイッチ・パブリッシング
  • 定員 50名
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト