※満員御礼※【トークイベント・サイン会】
『竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』 刊行記念

日本文化
銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(中央吹き抜け・イベントスペース) 2019年 07月15日(月)
※※※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました※※※
 
池上遼一氏や望月三起也氏、手塚治虫氏など、漫画界のレジェンド達の技術を紹介してきたプロのマンガテクニックシリーズ。
最新刊は、長きに渡り、数々の名作を生み出してきた竹宮惠子先生です!
 
本書のタイトルの通り、これまで竹宮先生が描かれた作品は、まさに「スタイル破り」のマンガです。
「常に少女マンガを変革する」という姿勢で挑み続け、生み出された諸作品は、時代を経てもなお、色褪せることない新鮮さに満ち、読者を決して飽きさせません。
それは、“女性のための” “子供のための”などといった既成概念や暗黙のルールに縛られることなく、「マンガはもっと自由なはず!!」という想いを貫き、人間そのものを描き続けた結果であるように感じ取れます。
 
そんな作品を作り出すにあたり、竹宮先生が積み上げられてきたマンガの技術を細部まで紹介しているのが、本書『竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』です。
 
この度、本書の編集者である綿引勝美氏を聞き手に、竹宮先生をお招きしたトークイベントを開催します!
また、トークイベント終了後には、『竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』へのサイン会も実施します。
竹宮先生のマンガ術があらゆる視点で紹介された本書を、実際にお話を伺いながらさらに深掘りする、とても濃厚な内容のイベントです!
さらに、当日ご参加される皆さまに、今回のイベント限定のイラストカードをプレゼント!
 
皆さまのご参加をお待ちしております。
 
【イベント内容】
本イベントは下記(1)~(3)の構成となっております。
1回のお申込みで(1)と(2)、もしくは(1)と(3)にご参加いただけます。お申込時にはどちらかご希望のものをお選び下さい。
(1)竹宮惠子先生トークショー
(2)サイン会(前半)
(3)サイン会(後半)
 
【イベントタイムスケジュール】
(1)竹宮惠子先生トークショー
     13:00~14:30(1時間半)
*12:30より待機列にお並び頂けます。
 開場は12:40頃を予定しています。
  《30分休憩》
 
(2)サイン会(前半)
     15:00~15:45
  *14:50より待機列にお並び頂けます。
(3)サイン会(後半)
     15:45~16:30
  *15:30より待機列にお並び頂けます。
【参加条件】
銀座 蔦屋書店にて下記の商品をご購入いただいた方にご参加いただけます。
・書籍付き(『竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』:2,160円/税込)イベント参加券:3,780円/税込
 
【申込方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
オンラインショップ
※オンラインショップでの受付は2019年7月14日(日)午前9時の受注分までとさせていただきます。
 
【注意事項】
*イベント当日、10時より整理券を配布致します。開場のご案内時にスタッフが整理券を確認致しますので、イベント開始前までに必ず引き換えをお済まし下さい。
(お渡しする整理券は、サイン会の前半と後半を確認するためのものです。トークショーおよびサイン会ご参加に際しての通し番号などは振っておりません。)
*サイン会は、トークイベント終了後、30分の休憩を挟んだ後、開催となります。
*サイン会は、前半・後半の二部制です。待機列への整列開始時間がそれぞれ異なりますので、ご予約時には、ご希望の時間帯をお選び下さい。
*対象書籍は当日のお渡しとなります。
*今回、サインを入れて頂くのは、銀座 蔦屋書店にてお買い上げの『竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』に限らせて頂きます。その他の書籍へのサインはご遠慮ください。
*キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
*当日の録音、SNSへのトーク内容の全文掲載はご遠慮下さい。
 
【プロフィール】
竹宮 惠子(たけみや けいこ/Takemiya Keiko)
1950年2月13日、徳島県徳島市に生まれる。
1967年「COM」に『ここのつの友情』を投稿し、月例新人賞佳作入選。
1968年「週刊マーガレット」に発表した『リンゴの罪』でデビュー。
1970年、徳島大学在学中に「週刊少女コミック」で『森の子トール』を連載して上京。
以降、冒険、SF、歴史と幅広いジャンルを手掛け、少女マンガ界に革命を起す。
1980年、『風と木の詩』と『地球へ…』で第25回小学館漫画賞を受賞。両作品はアニメ化されて大ヒットとなる。
その他代表作に『ファラオの墓』、『アンドロメダ・ストーリーズ』(原作/光瀬 龍)、『イズァローン伝説』、『天馬の血族』、「変奏曲」シリーズ(原作/増山法恵)など多数ある。
2000年4月より、京都精華大学芸術学部マンガ学科(現マンガ学部マンガ学科)の専任教授に就任。
2014年より2018年まで学長を務め任期満了後退任。
現在は日本マンガ学会会長および国際マンガ研究センター長に就任。
マンガ教育に尽力するほか、原画保存と公開のため原画に近い複製を制作するプロジェクト「原画’(げんがだっしゅ)」に取り組んでいる。
2012年日本漫画家協会賞文部科学大臣賞受賞。
2014年紫綬褒章受章。

 

  • 日程 2019年7月15日(月・祝)
  • 時間 13:00~16:30
  • 場所 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(中央吹き抜け・イベントスペース)
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 協力 トランキライザープロダクト
  • 定員 100名
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト