【トークイベント】『TRANSIT』45号発売記念「女優・大西礼芳が見つけた、伊勢志摩の美――」

BOOK EVENT SPACE 2019年 10月11日(金)
9月13日(金)に発売されたTRANSIT 45号。第一特集では、ブレグジット問題に新首相就任、王室などで世界の注目を集めるイギリス・ロンドンを総力取材していますが、綴込み付録冊子では、日本で今もっとも気になる場所、三重県の伊勢志摩・熊野エリアを特集しました。
 
伊勢志摩企画に旅人として参加してくれたのが、伊勢志摩のある三重県出身の女優・大西礼芳(おおにしあやか)さん。同じく三重県出身の写真家・浅田政志さんが撮影を担当して、伊勢神宮をはじめ、神宮ゆかりの食文化や人びとの暮らしが息づく場所を訪ねました。
 
今回、そんな伊勢志摩をテーマにしたトークイベント第二弾を、10月11日(金)に銀座 蔦屋書店で行います。登場するのは大西礼芳さん。現地取材中、伊勢志摩を語る大西礼芳さんの口調もいつの間にか地元の言葉に。「三重県出身者だからこそ知っているよさ」と「久しぶりに故郷へ帰って再発見するもの」。大西礼芳さんの2つの視点が交差して、伊勢志摩の魅力を浮かび上がらせてくれました。今回のイベントでは「祈る」「学ぶ」「くつろぐ」「食す」というテーマで、大西礼芳さんが見つけた伊勢志摩の美をお話しいただきます。
 
自然と神様の存在が暮らしに溶け込んでいるこの地は、どんな魅力がつまっているのだろうか。また、伝統が息づく地で、現代までどんな進化を遂げてきたのだろう。
大西礼芳さんをゲストにお迎えし、神秘に満ちた伊勢志摩に迫ります。進行役には三重県出身で「みえの国観光大使」の萩美香さん、聞き手として、大西礼芳さんとともに伊勢志摩を旅したTRANSIT編集長の林が登壇。いま伊勢志摩を訪れるべき理由を語ります。
 
一生に一度はお伊勢参りをしたい人も、何度か訪れている人も。改元を迎えた2019年、改めて日本の歴史を知る機会に触れてみませんか?

イベントの参加者には、TRANSIT45号の綴じ込み付録冊子(伊勢志摩・熊野特集)の特別編集版をプレゼント!また、お越し頂いた方の中から、伊勢志摩の特産品などが当たる抽選会も実施予定です!
 
※メールでの受付は終了いたしました。
 
 
【プロフィール】
大西 礼芳(おおにし あやか)
1990年、三重県度会町生まれ。京都造形芸術大学映画学科俳優コースに在籍時、同学科で製作した映画『MADE IN JAPAN〜こらッ!〜』でヒロインをつとめ、演技の道へ。映画『スタートアップ・ガールズ』やNTV『簡単なお仕事です。に応募してみた』、舞台『私たちは何も知らない』に出演。特技は日本舞踊、剣道、映像編集。
 
萩 美香(はぎ みか)
1983年、三重県津市生まれ。2007年度ミス日本グランプリ。2009年から現在まで『みえの国観光大使』を、2011年から現在まで『三重県観光審議委員』を務める。特技はディベート(ディベート甲子園全国5位/ディベート審判員資格有)・ピアノ。
 
林 紗代香(はやし さよか)
1980年、岐阜県生まれ。雑誌『NEUTRAL』に創刊時より参加。その後いくつかの雑誌編集部を経て、『TRANSIT』に参加。女性向け旅雑誌『BIRD』編集長を経て、発刊34号より『TRANSIT』編集長を務める。好きな国はインド、もう一度訪れたい都市はローマ。
  • 会期 2019年10月11日(金)
  • 時間 19:00~20:30
  • 場所 BOOK EVENT SPACE
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 定員 50名
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト