【フェア】アリス
-へんてこりん、へんてこりんな世界-

BOOK売場(トラベル) 2022年08月01日(月) - 08月31日(水)
2022年7月16日から森アーツセンターギャラリーにて「特別展アリス-へんてこりん、へんてこりんな世界-」がはじまりました。
この展覧会では19世紀から現代にかけて、アート、映画、音楽、ファッション、演劇、写真など様々なジャンルで表現されてきた『不思議の国のアリス』の世界とその魅力を、ジョン・テニエルの挿絵や、ディズニー映画のアニメーションセル、ティム・バートン監督による映画『アリス・イン・ワンダーランド』、アリスに影響を受けたサルバドール・ダリや草間彌生らの作品、バレエなどの舞台衣装、ヴィヴィアン・ウエストウッドらによるファッションなど、アリスにまつわる約300点の展示物を通じてお楽しみいただけます。
 
銀座 蔦屋書店では、8月1日~8月31日までの期間、展覧会とともにアリスの世界をお楽しみいただけるよう、アリスにまつわる書籍やアンティーク作品をご紹介いたします。
本展示に合わせ、オランジェリーコレクションには「ナーサリー・アリス」のアンティーク作品をご用意いただきました。
「ナーサリー・アリス」は最初に不思議の国のアリスが出版されてから約25年後、“小さな子どもでも楽しめるように”と挿絵にも美しい彩色が施されました。
赤・青・黄色を有効に使いながらも美しい作品に仕上げた本作は、完成から130年以上経った今も多くの人々に愛され続けています。
 
子どもから大人まで、時代を超えて愛される「不思議の国のアリス」の世界を心ゆくまでどうぞお楽しみください。
 
オランジェリー・コレクション
オランジェリー・コレクションでは、16世紀~19世紀にかけてヨーロッパで制作された植物画を中心に動物等を描いた博物画、建築物・風景・ファッション画などのアンティーク版画及び古書を幅広く取り扱っております。
写真や印刷が無い時代、人々は見た物を忠実に版画に写し,書物を作りました。その想像を絶する高度な技術と表現力には、ただ感嘆させられるばかり。歴史的に貴重な資料として、美しさと知性を備えたインテリアとして、 計り知れない魅力を持つこれら博物画の世界は興味が尽きることがありません。ボタニカルアートをはじめ、アンティーク・プリントとは百年以上前に制作された版画のことを指します。当時の作品を今刷っているものではなく、実際に当時に刷られた版画です。
  • 会期 2022年8月1日(月) - 2022年8月31日(水)※終了日は変更になる場合があります。
  • 時間 当店Webサイトをご確認ください。
  • 場所 BOOK売場(トラベル)
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト