イベントスペース

イベントスペース

【瀬戸内国際芸術祭2019】フェア ARTIST TALK Vol.4/高松港周辺 金氏徹平

イベント|トーク
蔦屋書店 4F カフェスペース 2019年 04月28日(日)
【瀬戸内国際芸術祭2019フェア】
3年に一度、今年4回目の開催を迎える瀬戸内国際芸術祭。
国内外のトップアーティストから若い世代のアーティストまでが数多く参加し、瀬戸内の島を舞台にアートを創造するこの芸術祭は、世界中から高い注目を集めています。
この春、枚方 蔦屋書店では、瀬戸内国際芸術祭2019を「アート×旅×食」の視点から、
その魅力を力いっぱいお伝えいたします。
米有力紙が選ぶ「2019年に訪れるべき52箇所」に、日本で唯一選出された瀬戸内の島々。
春・夏・秋と続く美しい瀬戸内の芸術祭、ご観覧の予定がある方は、ぜひ枚方 蔦屋書店で「どこに、いつ、なにを観て、どう楽しむか」計画してください。
 
【ARTIST TALK Vol.4/高松港周辺】
日常的なイメージをはらむフィギアや雑貨、日用品などのオブジェクトをコラージュした立体作品やインスタレーションで知られる金氏徹平氏。
現代社会を見据えるアーティストの視点が、瀬戸内を舞台にどのように表現されたのか、金氏氏のこれまで創作活動も踏まえてお話を伺います。
 
▼お申し込みはオンラインショッピングまたは、ページ下部の予約ページより
 
【登壇者プロフィール】
金氏 徹平(かねうじ てっぺい)
<略歴>
1978 京都府生まれ 
2003 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了 
<主な個展> 
2018 「Summer Fiction」アートフロントギャラリー / 東京 
2017 「記号は記号ではない」上野の森美術館 / 東京 
2016 「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 / 香川 
<主なグループ展>
2018  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018 / 新潟 
六本木アートナイト2018 / 東京 
「Playtime」 Peabody Essex Museum / アメリカ 
<受賞歴>
2002 京都市立芸術大学制作展 奨励賞 
2010 咲くやこの花賞 美術部門 
2013 京都市芸術新人賞 〔彫刻〕 
コレクション/パブリックアート
横浜美術館、森美術館、東京都現代美術館、広島市現代美術館、高松市美術館、国立国際美術館、豊田市美術館、金沢21世紀美術館、KADIST / パリ、アメリカ、Queensland Art Gallery & Gallery of Modern Art / オーストラリア
 
  • 会期 2019年4月28日(日)
  • 定員 70名様
  • 時間 14:30~15:40
  • 場所 蔦屋書店 4F カフェスペース
  • 参加費・条件 1,500円(税別)
  • お申し込み方法 web予約
  • 主催 枚方 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 072-844-9000

イベントスケジュール

ご予約の際は以下の手順でお申込みください。
複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

  • お申込み手順1

    以下のイベント一覧より、ご希望のイベントをクリックしてください。

  • お申込み手順2

    内容をご確認の上、「予約」ボタンをクリックし、必要事項を入力して、予約手続きを行ってください。

  • お申込み手順3

    予約完了メールが届いたら完了です。当日会場へお越しください。

※スマートフォンの方は専用ページからカレンダーをご確認ください。

スマートフォンの方はこちら
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト