イベントスペース

イベントスペース

【イベント】朗読ユニット グラス・マーケッツ
 朗読劇 『ニシンのジャム』

ライブ
蔦屋書店 4F カフェスペース 2019年 10月27日(日)
朗読ユニット グラス・マーケッツ 朗読劇『ニシンのジャム』
 
舞台はロンドンの法廷。ウィットコム判事のもとに、奇妙な被告人ダックワースが現れる。
彼は地下鉄の駅のホームで、不思議なポスター広告を見たと言う。
そこに書かれていたのは「ニシンのジャムをどうぞ」という文字であった。
ニシンのジャム? 果たして、そんな広告が存在するのか? そして、ポスターが意味する謎とは?
マイケル・ギルバートの『ニシンのジャム事件』をベースにした、グラス・マーケッツのミステリ朗読劇。*収録「ディナーで殺人を 下」(創元推理文庫)
 
【出演者プロフィール】
≪朗読ユニット グラス・マーケッツ≫
「朗読」の可能性に魅力を感じ、新たな表現形式を探究すべく、1999年12月、京都にて結成。
オリジナルの脚本と音楽という制作スタイルが基本。「朗読」を軸に「声」を通して、様々な会場や空間に応じた作品を創作する柔軟性を持つ。他ジャンルとの積極的な交流も団体の一つの特徴である。
また、朗読作品の公演だけでなく、ワークショップなど「朗読」に触れる、体験する場を生み出すため、2019年4月、一般社団法人 朗読表現研究会を設立。来年には、その拠点となる朗読専用劇場「rLabo.」(アールラボ)がオープン予定。
結成当時よりすべての脚本を手掛けてきた池田長十は、2013年『晩夏光』にて第五回角川春樹小説賞を受賞(池田久輝名義)。以降、『枯野光』(角川春樹事務所)、『まるたけえびすに、武将が通る。』(幻冬舎)、『虹の向こう』、『ステイ・ゴールド』(双葉社)などを上梓。
2017年には、『影』が「日本推理作家協会賞短編部門」の候補作となる。日本推理作家協会会員。
 
【ご参加に当たって】
お電話(072-844-9000)、店頭又は枚方 蔦屋書店のホームページからお申し込み頂いたお客様には、優先的にお席を確保いたします。
  • 会期 2019年10月27日(日)
  • 定員 70名様
  • 時間 第一部:11:30~(開場11:00)
    第二部:13:30~(開場13:00)
  • 場所 蔦屋書店 4F カフェスペース
  • 参加費・条件 観覧無料
  • お申し込み方法 電話・店頭・web予約
  • 主催 枚方 蔦屋書店
  • 共催・協力 グラス・マーケッツ
  • 問い合わせ先 072-844-9000

イベントスケジュール

ご予約の際は以下の手順でお申込みください。
複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

  • お申込み手順1

    以下のイベント一覧より、ご希望のイベントをクリックしてください。

  • お申込み手順2

    内容をご確認の上、「予約」ボタンをクリックし、必要事項を入力して、予約手続きを行ってください。

  • お申込み手順3

    予約完了メールが届いたら完了です。当日会場へお越しください。

※スマートフォンの方は専用ページからカレンダーをご確認ください。

スマートフォンの方はこちら
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト