• MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE
  • MASAHISA FUKASE

MASAHISA FUKASE

出版社:赤々舎

著者: 深瀬昌久

販売価格 ¥8,000 (税込 ¥8,640

送料送料無料

43ポイント獲得
Tポイントの利用手続きをすると獲得できます

注意事項

この商品は、在庫がない場合がございます。
在庫状況、納期はご注文後、メールにてご案内いたします。ご了承ください。
商品の返品及び交換は承っておりません。但し、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を承ります。

取扱店舗

銀座 蔦屋書店

商品情報

発売日 2018年9月19日

品番GPHT10445J-9784865410846

製品仕様 ハードカバー/W195mm×H260mm×D45mm/カラー・モノクロ/416p/日本語

商品について

日本を代表する写真家・深瀬昌久、待望の集大成としての写真集が刊行!

1960年代から日本写真の第一線で活躍した写真家・深瀬昌久。だが、1992年の不慮の事故により、その活動は閉ざされた。「鴉」が不朽の名作として語り継がれる一方、そのほか大半の作品が紹介される機会は失われた。本書は、謎多き写真家 深瀬の40年間に及ぶキャリアを俯瞰し、その写真表現の全貌を初めて浮き彫りにする決定版。全26章。

監修・本文 トモ・コスガ(深瀬昌久アーカイブス ディレクター)
序文 サイモン・ベーカー(ヨーロッパ写真美術館館長)

北海道の写真館の家系に生まれ、「私性」と「遊戯」の視座に根差した写真表現を多岐にわたる手法で探求した。その人生の中心には常に写真が腰を据え、内なるリビドーは周囲を巻き込み、己の人生をも破滅へ向かわせた。

本書は、作品ひとうひとつを時系列で整理し、深瀬が雑誌に残した撮影後記や手記等から、その制作意図や背景を丹念に探る。これまで断片的にしか見えてこなかった深瀬の作品が、軌跡となって立ち現れ、生涯をかけてカメラの先で何を見つめようとしていたのかを本質的に探ろうとする。写真表現の豊かさと凄みを湛え、未来に手渡す大冊。

<目次>

北海道
東京
1952–1954
豚を殺せ
カラー・アプローチ
松原団地と新宿
遊戯–A PLAY–
家族・I
組立暗箱を担いで
烏1976
サスケ
鴉1979
烏・夢遊飛行
烏・東京篇
歩く眼・I
歩く眼・II
遊戯–A GAME–
総天然色的街景
烏景
家族・II
父の記憶
私景
ヒビ
ベロベロ
ブクブク
烏1992
オートマティズム

※特典付きの先行予約は8/31で終了いたしました。