1.  > 
  2.  > 
  3.  > 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えての商品詳細
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて
  • 【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて

【展覧会図録】吉村芳生 超絶技巧を超えて

出版社:株式会社アートワン

著者: 吉村芳生

販売価格 ¥2,315 (税込 ¥2,500

12ポイント獲得
Tポイントの利用手続きをすると獲得できます

商品について

2007年、57歳で遅咲きのアーティストとして話題となった異色の現代画家 吉村芳生。

展覧会タイトルでもある「超絶技巧を超えて」の通り、その技巧は圧巻の一言。

代表作である、新聞紙に肖像画を描いた『新聞と自画像』シリーズは、なんと新聞のひと文字ひと文字までがすべて鉛筆により描かれているという驚愕の作品。

ほかにも写真とみまがうような花や風景をテーマにしたものや、ひたすら金網だけを長さ17メートルにわたって描いた作品、365点組の自画像など、ご紹介する画像すべてが手描きなのです。

本展では、600点以上の作品が3部構成で紹介されました。中国・四国以外の美術館では初めて開催された個展です。

【アーティストプロフィール】
吉村 芳生 Yoshio Yoshimura(1950-2013)
山口県生まれ。
版画のフィールドで内外の美術展に出品。
1990年代以降は、山口県展や画廊での個展を中心に活動。
2007年、吉村が57歳のとき、森美術館で開催された「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展に出品された作品群が大きな話題を呼ぶ。
以降、各地の美術館で作品が展示され、特に山口県立美術館で開催された個展には多くの観客が押し寄せた。
2013年逝去。

【展覧会情報】
吉村芳生 超絶技巧を超えて
東京ステーションギャラリー
2018年11月23日(金祝)-2019年1月20日(日)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201811_yoshimura.html

商品情報

発売日 2018年11月23日

品番GART11716J-2510000130075

製品仕様 ハードカバー/B5/カラー/215p/日本語

注意事項

この商品は、在庫がない場合がございます。
在庫状況、納期はご注文後、メールにてご案内いたします。ご了承ください。
商品の返品及び交換は承っておりません。但し、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を承ります。

取扱店舗

銀座 蔦屋書店

¥2,315 税込 ¥2,500