1.  > 
  2.  > 
  3.  > 旧朝香宮邸物語の商品詳細
  • 旧朝香宮邸物語
  • 旧朝香宮邸物語

旧朝香宮邸物語

出版社:アートダイバー

販売価格 ¥1,800 (税込 ¥1,944

9ポイント獲得
Tポイントの利用手続きをすると獲得できます

この商品は現在ご購入できません。

この商品についてお問い合わせする

商品について

激動の時代を越えて守り抜かれた奇跡の建築「旧朝香宮邸」。その歴史がひもとかれたとき、アール・デコの栄華が再び眼前に姿をあらわす。

「アール・デコ」様式で統一された優美なデザインで、他の美術館とは一線を画する東京都庭園美術館。2015年には国の重要文化財に指定された同館は、都心とは思えない緑豊かな庭園とともに多くの来館者を魅了しています。

みなさんは、この美術館がかつて「朝香宮家」という皇族の邸宅であったことをご存知でしょうか。建物が誕生したきっかけは、朝香宮ご夫妻がパリに滞在中の1925年に訪問した「アール・デコ博覧会」でした。

当時のデザインや芸術の精華に魅了されたご夫妻は、東京にアール・デコの館を建てることを思い立ち、帰国後、その建設に情熱をもって取り組みます。主要部分の内装は、当時のフランスを代表する装飾美術家であるルネ・ラリックやアンリ・ラパンに依頼、基本設計は宮内省内匠寮の建築家だった権藤要吉が担当することで、朝香宮邸は当時の最先端の様式を同時代に採り入れた建築となりました。

戦後、朝香宮家がこの館を去った後、新たな主となったのは吉田茂でした。旧朝香宮邸は外務大臣公邸(のちに首相公邸)として使用され、サンフランシスコ講和条約締結の構想を含む、戦後の重要な局面における舞台の一つとなりました。吉田茂が去った後も、「旧朝香宮邸」は迎賓館として外国の要人を迎え入れたり、一般に開かれた結婚式場として利用されたりと、その時々に主を変え、利用者に愛されながら、今日まで守られた奇跡の建築です。本書では、この世界でも稀に見るアール・デコ様式の館を往来した人々の歴史と記憶を、「旧朝香宮邸物語」としてまとめました。1933年の朝香宮邸竣工当時の貴重な写真の数々とともに、「旧朝香宮邸」を巡る物語をお楽しみください。

近年、再評価の機運が高まる「アール・デコの館」の魅力に迫り、また東京都庭園美術館がこの建物をどのように活用、保存し、未来へとつなげていくかの出発点となる書籍となっています。

商品情報

発売日 2018年4月15日

品番GFSN10110J-9784908122095

製品仕様 19.6×13.8cm/211p/日本語

東京都庭園美術館 (編集)、 青木淳子 (著)、 板谷敏弘 (著)、 大木香奈 (著)、 岡部友子 (著)、 神保京子 (著)、 関昭郎 (著)、 高波眞知子 (著)、 田中雅子 (著)、 中原淳行 (著)、 浜崎加織 (著)、 樋田豊次郎 (著)、 牟田行秀 (著)、 森直義 (著)、八巻香澄 (著)、 米山勇 (著)

注意事項

この商品は、在庫がない場合がございます。
在庫状況、納期はご注文後、メールにてご案内いたします。ご了承ください。
商品の返品及び交換は承っておりません。但し、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を承ります。

取扱店舗

銀座 蔦屋書店

¥1,800 税込 ¥1,944
現在ご購入できません