1.  > 
  2.  > 
  3.  > 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵の商品詳細
  • 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵
  • 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵
  • 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵
  • 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵
  • 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵
  • 【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵

【古書】「新板かうばこ入かつら附」明治時代 浮世絵

著者: 華晴

販売価格 ¥55,000 (税込 ¥59,400

送料送料無料

297ポイント獲得
Tポイントの利用手続きをすると獲得できます

商品について

絵に並んで描かれているのは、当時の女性たちが熱狂した歌舞伎俳優、九代目市川團十郎と四代目助高屋高助。そしてその下に並べられているのは、彼らが得意とした役のかつらの数々です。現在も上演されている演目では、男性の役ですと河内山や仁木弾正、女性の役では高尾や舞鶴の髪形が、丹念に鮮やかな色彩で描かれているのが確認できます。

当時のファンたちは、それぞれの絵を切り抜き、ご贔屓の役者の姿にあてて、彼らの芝居を夢想し楽しみました。楽屋の鏡台の絵もあるところを見ると、そのごっこ遊びは、役者が化粧をするところからはじめたかもしれません。

このような「かつらつけ」と呼ばれる絵は、当時とても人気のある画題で、役者ごとに多数作られました。しかしながら、切り取って遊ぶことが前提のため、本作のように切られずに残っているものは大変貴重です。

江戸から明治にかけての風俗をうかがうことができる資料としてはもちろんですが、女性たちの夢の詰まった目に楽しいおもちゃとして、手に取っていただきたい逸品です。

※この商品は古書/ヴィンテージ本です。ご注文の前に必ずこちらをご確認ください。

商品情報

発売日 1883年

品番GZIN10297A-2526101012103

製品仕様 商品の状態:B(スミ破れ・ヤケあり 1800年代に制作されたものにしては保存状態は良好)

注意事項

この商品は、在庫がない場合がございます。
在庫状況、納期はご注文後、メールにてご案内いたします。ご了承ください。
商品の返品及び交換は承っておりません。但し、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を承ります。

取扱店舗

銀座 蔦屋書店

¥55,000 税込 ¥59,400