1.  > 
  2.  > 
  3.  > ルーちゃんとクリスマスツリーの商品詳細
  • ルーちゃんとクリスマスツリー
  • ルーちゃんとクリスマスツリー
  • ルーちゃんとクリスマスツリー
  • ルーちゃんとクリスマスツリー
  • ルーちゃんとクリスマスツリー
  • ルーちゃんとクリスマスツリー

商品について

長年多分野にわたり活躍してきたアーティストD[di:]が、このたび「くわはらまい」名義としては初の絵本を刊行いたします。
テキストは下村明香氏によるもので、クリスマスイブの雪国を舞台に、シロクマの女の子ルーちゃんがはじめてのおつかいに奮闘する、心温まる物語絵本です。

ディレクションを手がけたのはCOZFISHの祖父江慎氏です。 D[di:]の繊細な描線や色彩を再現するべく、鉛筆線の黒・クリスマスツリーを彩る緑・ルーちゃんを際立たせる印象的な赤・室内のあたたかさを演出する黄色、の4色のインキを特別に制作し、印刷に使用しました。新しくも、どこか懐かしい、不思議なテイストの作品世界が広がっています。
クリスマスイブの、小さな、でもかけがえのない奇跡の物語、ぜひご一読くださいませ。

[あらすじ]
シロクマの女の子ルーちゃんは、お父さん、お母さん、お姉ちゃんと暮らしています。お姉ちゃんはしっかり者でいつも面倒を見てくれますが、ルーちゃんはそれがちょっとうっとうしくもあり。
「あたしも早く大きくなりたいな」と、ルーちゃんはクリスマスツリーに願いを書いた手紙をつるします。
「サンタさん、お手紙もう読んでくれたかな?」と毎日ツリーを見上げるルーちゃん。そして、イブの日がやってきました。急に熱を出したお姉ちゃんの看病でお母さんがケーキを取りに行けないことを知ったルーちゃんは、勇気を出してひとりでお店に行くことにしました。どきどきしながら道を急ぐルーちゃんは、カフェの前であっと驚きます。なんとそこにはコーヒーを飲んでいるサンタさんが!手を振るルーちゃんにサンタさんはにっこり、手を振り返してくれます。さあ、ルーちゃんのお願い事はサンタさんに伝わるのでしょうか?そしておつかいは成功するでしょうか?

[プロフィール]
下村明香
1965年宮崎県生まれ。童話に『ワニのはなし』(「月刊おおきなポケット」1993年2月号)『ある日、くまさんにであった』(「同」1994年4月号)『森へ行こ』(「同」1995年9月号・以上福音館書店)がある。絵本の刊行はこれがはじめて。

商品情報

発売日 2019年11月6日

品番GJPN10082J-9784834085228

製品仕様 27.7 x 21.5 x 0.7 cm、32ページ

注意事項

この商品は、在庫がない場合がございます。
在庫状況、納期はご注文後、メールにてご案内いたします。ご了承ください。
商品の返品及び交換は承っておりません。但し、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を承ります。

取扱店舗

銀座 蔦屋書店

¥1,400 税込 ¥1,540