早川ユミ 新刊『早川ユミのちくちく服つくり』発売記念 POP UP SHOP

暮らし
1階 北入り口付近 2020年02月13日(木) - 03月04日(水)
『早川ユミのちくちく服つくり』(アノニマ・スタジオ)の新刊発売を記念して
本に掲載しているアジア各地を旅して見つけた布を使ったオリジナル服や小物の展示、販売を開催。
 
早川ユミさんが世界各地の農民服など実際着られている服を参考に、自分のからだのための服つくりを紹介した新刊『早川ユミのちくちく服つくり』(アノニマ・スタジオ)。この本に掲載されている服を実際に見てふれることのできる機会は今だけです。

土があり、布がある。
種まきしながら、土とともに生きる。
草刈しながら、日本みつばちを飼う。
自然を生きるひと、野生を生きるひとのための、
工作的、有機的、循環する
はたらく衣服たち展。
草や木のように土に還る服つくり、畑でたべものをつくるみたいに自給自足をする服つくりに興味、関心のある方はぜひお越しください。
早川ユミさんの豊かさを感じる暮らしや生活を楽しむ考え方をのぞいてみませんか?
 
【早川ユミ プロフィール】
1957年生まれ。布作家。高知在住。
 高知の山のてっぺんでちいさな自給自足の暮らしをする。
 布を探して、家族でいろんな国を旅する。アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布でちくちく手縫いして、衣服をつくり、あちらこちらで展覧会をひらいている。
 夫である、陶芸家の小野哲平の薪の窯たきを手伝ったり、種まき、木を植える。
 著書に『種まきノート』『種まきびとのものつくり』(アノニマ・スタジオ)、『ちいさなくらしのたねレシピ』(PHP研究所)『からだノート』(自然食通信社)など。『種まきノート』『種まきびとのものつくり』は中国語版の翻訳本も好評。
 http://www.une-une.com/
 
  • 日程 2020年2月13日(木)~3月4日(水)
  • 場所 1階 北入り口付近
  • 協力 アノニマ・スタジオ
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト