高知県立大学文化学部 × 高知 蔦屋書店 × 地域文化計画 トークイベント

その他|トークイベント
2階 イベントスペース 2019年 07月21日(日)
日曜市を文化財に! ―意外と知らない日曜市のおもしろさ

最近、日曜市行きましたか?身近すぎて、その魅力も、すごさも見えづらくなっている日曜市を再発見するきっかけに。 民俗学者として関わってきた山本氏(旅の文化研究所研究主幹)と、地域経済の観点から注目してきた宇都宮氏(高知県立大学准教授)が、それぞれの視点で日曜市の魅力や将来像を語る前半に続き、後半は対談形式で語りあいます。
 
【ゲスト】
● 山本 志乃氏(『市に立つ』創元社 著者) 
1965年、鳥取県生まれ。旅の文化研究所研究主幹。
博士(文学)。法政大学非常勤講師。民俗学専攻。
主要著書として『「市」に立つ―定期市の民俗誌―』(創元社)、
『行商列車―〈カンカン部隊〉を追いかけて―』(創元社、第42回交通図書賞[歴史部門]受賞)、
『女の旅 幕末維新から明治期の11人』(中公新書)、
『旅の民俗シリーズ 第1巻 生きる』(現代書館・共著)、
『日本の民俗3 物と人の交流』(吉川弘文館・共著)など。
 
● 宇都宮千穂氏(『大学的高知ガイド』昭和堂 執筆者)
高知県立大学文化学部准教授。
専門は、都市形成史、地域経済論。
主な著書:『現代日本の経済政策』法律文化社(共著)、『地域創成学』昂洋書房(共著)、『京都経済の探究』法律文化社(共著)
 
【参加条件】
定員:50席
参加費:無料です
※どなたでもご参加いただけますが、事前にお申し込みくださいませ。
※ご予約優先です。席に空きがあれば当日参加も可です。
 
【お申し込み方法/お問い合わせ先】
下記メールアドレスのタイトルに「イベント参加申し込み」と、本文に「イベント日付」「イベント名」「お名前」「ご連絡先」「参加人数」を記入の上、メールでご連絡ください。
※こちらからの返信をもって受付完了と致します。3日以内を目途に返信致します。またドメインの設定上、お客様に返信が届かない場合がございますので「kochi-t@kochi-tsutaya.com」のアドレスの受信許可をしていただくようお願いいたします。返信が3日以上ない場合は、お名前とお電話番号を添えて再度メールにてご連絡いただきますようお願いいたします。
 
 
 
  • 日程 2019年7月21日(日)
  • 時間 17:00~18:30
  • 場所 2階 イベントスペース
  • 参加費 無料
  • 定員 50席
  • 予約 予約優先(席に空きがあれば当日参加可)
  • 主催 高知県立大学文化学部
    地域文化計画
    高知 蔦屋書店
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト