proefのストーリーを読む

フェア|アート
2019年08月26日(月) - 09月30日(月)
proefは大阪を拠点にする、日本のプロダクトデザインブランドです。
プロデューサーの五十嵐勝大と、デザイナーの斉藤愛美によって2010年に設立されました。
“そこにあるものを少し別の角度で、見つめなおしてみると今日がすこしだけ楽しくなる”
をコンセプトにかかげ、日常に変化をもたらすアイデアに富んだ商品を提案しています。
作り方から考えることにより、プロダクトの生産背景と
デザインの可能性を見つけ出すと同時にそのプロセスを経て、
時代とともに変化する”あたらしいけど、ふつうのもの”を生み出そうとしています。
また、丁寧に製造された素材を使用し、手頃な価格で提供できるデザインを考えることで社会とそれを身につける人々の関係性がより自然で持続可能なものになるようにとの願いが込められています。
プロエフにとって”デザイン”とは、見た目だけではなく、
生産する方法や商品を人に届ける最良の方法を考え、見つけるための
一連の思考のプロセス全体のことを指しています。
****
京都岡崎 蔦屋書店では“proefのストーリーを読む”をテーマに、proefのアイテムや、
それにまつわるお話をポップでご紹介させていただきます。
五十嵐さんと斉藤さんによる、アイテムが生まれたきっかけやこだわりの部分などの
お話もぜひご覧いただき、お楽しみくださればと思います。
  • 会期 8月26日(月)~9月30日(月)

STORE LIST

ストアリスト