【トークショー】和菓子に隠された忍法 ‐亀山フェア‐

食・料理|暮らし
蔦屋書店2Fキッズスペース 2020年 03月22日(日)
「和菓子に隠された忍法」
 
伊賀の忍びの隠れ蓑 宿場町関宿の和菓子屋に残る
今も受け継がれている忍法とは。
服部家に残る古文書から戦国時代~江戸時代の
リアルな忍者像を 忍びの末裔が解説。
 
■登壇者プロフィール
服部吉右衛門亜樹(深川屋陸奥大掾第十四代目)
 
【略歴】
1964年三重県生まれ。三重大学附属小中学校卒業後、17歳で単身カナダへ留学。
高校卒業後にトロント日本料理店「波」で板前修業後帰国。
日本橋三越で3年間販売修業後、家業の跡取りとして和菓子屋深川屋に戻る。
48歳で当主となり、現在55歳。
三重県景観委員、関宿まちなみ保存会副会長、関宿案内人、
地元ラジオパーソナリティー、全国銘産菓子工業協同組合役員。
 
 

伊賀の忍びの末裔が今も営む和菓子屋 東海道関宿「深川屋」。
隠れ蓑の役割を担い考案された菓子「関の戸」に隠された忍法とは・・・。
 
  • 日程 3月22日(日)
  • 時間 13:30~14:30 (開場13:15)
  • 場所 蔦屋書店2Fキッズスペース
  • 参加費 なし
  • 定員 なし(20名座席あり+立ち見)※制限を設ける可能性もございます。
  • 予約 不要
  • 主催 亀山市観光連携会議
  • 共催・協力 亀山市・亀山市商工会議所・亀山市観光協会
  • 問い合わせ先 052-387-6800(蔦屋書店代表)

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト