JP
JP EN 한국 简中 繁中
JP
JP EN 한국 简中 繁中

六本木 蔦屋書店スタッフレコメンド『三体II 黒暗森林』

7/31(金)に開催するオンラインイベント《大森望×陸秋槎 「集え日本の面壁者たちよ!」 『三体Ⅱ 黒暗森林』刊行記念》開催に伴い、六本木 蔦屋書店に潜む面壁者たち(スタッフ)からレビューが届きました。イベント前も後も、2021年の3巻発売まで、ぜひ皆さまご一緒に #三体を語ろう !
 
 
「発売を待ちわびておりました!そして待ったかいがありました。私達は、たしかに欠点もあるし、拙いかもしれない。それでも人類を誇りに思うII巻でした。」
(The LoungeバーテンダーH)
 
「宇宙社会学の“冷たい公理”に囚われた地球人と三体人に残された選択肢やいかに。苛烈なジレンマから抜け出し、最後に勝つのは、やはり◯なのか!?」
(映像担当Y)
 
「ファーストコンタクトから、終末、ディストピアを経て、侵略、ミリタリーSFへと、物語は一気に加速する。クラーク『幼年期の終り』、アシモフ、田中『銀河英雄伝説』に、コールドスリープ、世代宇宙船。「ロケットの夏」ならぬ「核融合の春」まで訪れて、SF大盤振る舞い!」
(書店員Y)
 
「前作『三体』をもう一度おさらいして発売にそなえましたが、量も質も予想を遥かに上回る作品でした。ラオジーの人間臭さが三体、そして智子を超克するというのは非常に考えるものがありました。それにしても、何を読み、何を学べば、『未知文明との最終決戦に備える400ケ年計画』などという、三国志を容易に飛び越えたスケールのストーリーをここまで緻密に描けるのでしょうか。
計画始動から、未知生命体との決着まで駆け抜ける2巻。2021年の3巻が待ちきれませんが、幸い侵略の危機は迫っていないので、嬉々として待ちたいと思います。(笑)」
(書店ワークスタイル担当M)
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト