JP
JP EN 한국 简中 繁中
JP
JP EN 한국 简中 繁中

【フェア】新しい価値を見いだすアップサイクル

文房具・雑貨
2020年06月01日(月) - 07月15日(水)
「ゴミという概念をゴミ箱へ」---
不要なものをすぐに捨てずに新しいアイデアを加え別の物に変える。
そんな考えのもと、物作りをしてるのがドイツ発のブランド『feuer wear』。
実際に消化活動に使用され、その役割を終えた消防車のホースからバッグや小物などを作っています。
古いものから新しい価値を見いだすことで、過ごしやすい未来を作ることができるかもしれません。
 
 
【『feuer wear』とは】
 
「サステナブルなファッショントレンドを作る」を目標に、2005年、Martin Klüssener(マーティン・クリューセナー)はFeuerwear(フォイヤーウェア)最初のバッグをデザインしました。
Feuerwear製品の素材は、ドイツで実際に使用されている消防用ホースです。ドイツ各地で長年に渡り命を救ってきた後、廃棄されるものをFeuerwearが引き取り、洗浄、裁断して、
ほぼ手作業で製品に仕上げています。ホースは製造メーカーによって素材などが変わる他、都市名やロットナンバーがプリントされていたり、経年や使用によっても色や表情が変わってきます。
そこから生まれるFeuerwearの製品も一つ一つがオリジナルで、二つとして同じもはありません。

素材となるホースは耐熱性・耐水性に優れる他、耐用年数も長いものでは数十年と非常に堅牢です。
これを日常生活で違和感なく機能する商品にするために、当時と変わらず創業者であるMartin Klüssenerが自らデザインと設計を行っています。
プロトタイプは長い期間、実際に使用してテストされ、試用者の意見を元に更に改良が加えられます。
こうして、丈夫で、使いやすく、質の高いFeuerwearの製品が完成するのです。
 
 
 
 
 
 
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト