プロモーション利用

【フェア】BOOK BOX No.83 小柳祐介「Encounters」

建築・デザイン
蔦屋書店2号館 1階 建築・デザインフロア 2021年11月01日(月) - 11月30日(火)
毎月、今注目のクリエイターをご紹介している箱の様な本棚<BOOK BOX>。
83回目の11月は、現在テクノロジーを起点とした新しい表現開発に取り組んでいるDentsu Lab Tokyoアートディレクターの小柳祐介さんです。

___________________________________
Encounters

クリエイティブテクノロジストの村上くん。
デザイナーの宇都さん、二郎さん、坂本さん。
僕の元に出向してくれていた大西くん。
コピーライターの藤本さん、檀上さん。
ショウエイの山下さん、平和紙業の西谷さん。
泰清紙器の佐々木さん。
今回展示のお声がけをいただいた籔田さん。
Labのみんな。

そして、息子。

ここ数年、予期せぬ出会い、巡り合わせによって
生まれたものたち「Encounters」を
今回並べさせていただきます。

出会いが、自分を少しずつ外へと連れ出してくれて、
汽水域にいたと思ったら、今は全く違う海にいます。

全ての出会いに感謝。

小柳祐介
___________________________________
 

【プロフィール】
小柳 祐介 (こやなぎ・ゆうすけ)
Dentsu Lab Tokyo/Art Director
1982年東京生まれ。東京藝術大学デザイン科、大学院でコマ撮りやアニメーション表現を8年間研究し、放送作家を経て、電通に入社。現在ではDentsu Lab Tokyoにてテクノロジーを起点とした新しい表現開発に取り組み、トラディショナル媒体での広告展開から、デジタル施策、スペースデザイン、さらにはブランディングにも携わる。自主制作にも力を入れ、クリエイティブテクノロジスト村上晋太郎とクリエイティブユニット「KOM」としても活動中。漫画も不定期連載している。
最近の主な仕事は、パラリンピック東京大会開会式、AIによるラベリングから逃れるためのカモフラージュテキスタイルブランド「UNLABELED」、サントリー「話そう」、資生堂「SHISEIDO KARAKUSA」、西武ライオンズ「プロ野球をやらせていただきます。」などプレ・アルスエレクトロニカ栄誉賞、文化庁メディア芸術祭推薦作品選出。
レッドドット賞、広告賞ではCanne Lions、D&AD、ONE SHOW、CLIO、Spikes
Asia、Adfest、ACCなどで受賞多数。
  • 会期 2021年11月1日(月)~2021年11月30日(火)
  • 時間 営業時間の通り
  • 場所 蔦屋書店2号館 1階 建築・デザインフロア
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3770-2525
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト