二子玉川 蔦屋家電

二子玉川 蔦屋家電

【10/1(木)】太田靖久・初の単行本『ののの』先行販売&トークイベント開催決定

2020年10月1日(木)に、小説家・太田靖久さん初の単行本『ののの』(書肆汽水域)の先行販売を開始します。また『ののの』の刊行を記念し10月1日(木)に写真家の金川晋吾さん、また10月9日(金)に芥川賞作家の上田岳弘さんをお招きし、二度のトークイベントを開催いたします。
 
太田靖久さんは2010年に第42回新潮新人賞を受賞しデビュー。その後、集英社から電子書籍『サマートリップ 他二編』を刊行したり、インディペンデント文芸ZINE『ODD ZINE』の企画・編集を務めたりと活躍されていましたが、デビューから10年もの間、単行本は一冊も刊行されていませんでした。
 
二子玉川 蔦屋家電で人文コンシェルジュを務める北田博充は、純文学作品が単行本化されにくい現状をほんの少しでも変えたいと思い、ひとり出版社「書肆汽水域」を立ち上げ、10年・20年単位で長く読み継がれる文学作品を本にしています。そしてこの度、書肆汽水域の4冊目の本として、太田靖久さんの『ののの』を刊行します。
 
発売日である10月7日(水)は、太田靖久さんのデビュー10周年記念日です。
刊行を記念して、10月1日(木)には写真家の金川晋吾さんを、10月9日(金)には芥川賞作家の上田岳弘さんを対談相手としてお招きし、二度の刊行記念トークイベントを開催。『ののの』刊行の経緯や、これまでの作家活動について、多岐にわたってお話しいただきます。
あわせて、2020年10月1日(木)~14日(水)の期間、二子玉川 蔦屋家電 2階ギャラリーにて、「ののの」の作品世界をイメージして撮り下ろされた金川晋吾さんの写真を展示します。
 

 
『ののの』刊行記念 太田靖久さん×金川晋吾さんトークイベント
日程 2020年10月1日(木)
時間 18:00~19:30(開場15分前)
ゲスト 太田靖久、金川晋吾(司会:北田博充)
主催 二子玉川 蔦屋家電 BOOK
本イベントはオフライン(二子玉川 蔦屋家電 内)とオンライン同時開催イベントです。
詳しくはこちらからご確認ください。
 
『ののの』刊行記念 太田靖久さん×上田岳弘さんトークイベント
日程 2020年10月9日(金)
時間 18:00~19:30(開場15分前)
ゲスト 太田靖久、上田岳弘(司会:北田博充)
主催 二子玉川 蔦屋家電 BOOK
本イベントはオフライン(二子玉川 蔦屋家電 内)とオンライン同時開催イベントです。
詳しくはこちらからご確認ください。 
 

 
登壇者プロフィール
太田靖久(おおた・やすひさ)
1975年、神奈川県生まれ。2010年「ののの」で第42回新潮新人賞を受賞。2019年7月、電子書籍『サマートリップ 他二編』(集英社)を刊行。2020年10月、単行本『ののの』(書肆汽水域)を刊行。フィルムアート社ウェブマガジン「かみのたね」で「犬たちの状態」(共作/写真家・金川晋吾)を連載中。その他、インディペンデント文芸ZINE「ODD ZINE」を企画編集したり、コンセプチュアル書店「ブックマート川太郎」を展開している。
https://twitter.com/ohta_yasuhisa?lang=ja

金川晋吾(かながわ・しんご)
1981年、京都府生まれ。神戸大学発達科学部卒業。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。三木淳賞、さがみはら写真新人奨励賞受賞。2016年青幻舎より『father』刊行。近年の主な展覧会、2019年「同じ別の生き物」アンスティチュ・フランセ、2018年「長い間」横浜市民ギャラリーあざみ野、など。

上田岳弘(うえだ・たかひろ)
1979年、兵庫県生まれ。純文学・SF作家。早稲田大学法学部卒。すばるクティーク賞選考委員。2005年に設立されたソリューションメーカーの役員を勤める傍ら小説を執筆している。2015年、AIの発展をモチーフのひとつに据えた「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞を受賞、2019年には仮想通貨をテーマとした「ニムロッド」を発表、IT業界でも注目を集める。その他の受賞・顕彰に、「太陽」で第45回新潮新人賞、「GRANTA」誌Best of Young Japanese Novelists、「ニムロッド」で第160回芥川龍之介賞、『塔と重力』で第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞など多数。
 

 
書誌情報
 
 
タイトル ののの
著者 太田靖久
出版社 書肆汽水域
判型 四六判
ページ数 200
定価 本体1,800円+税
ISBN 978-4-9908899-3-7
発行日 2020/10/07
曖昧な世界の境界線、簡単にはわかりあえない他者との関係を描き、「自由とは何か」? という問いを投げかける太田靖久の小説は、読者に「目を凝らし想像すること」を求めているかのようです。
すぐには全体が見渡せない不穏な作品世界の中を、一歩一歩想像しながら歩いていると、いつしか道が開け自由な場所へと導かれる。そんな、自由で不自由な小説集です。 (「ののの」「かぜまち」「ろんど」の三編を収録)
 
『ののの』は二子玉川 蔦屋家電 店頭およびオンラインストアにて、2020年10月1日(木)より先行販売いたします。
 


書肆汽水域
 
書肆汽水域(しょしきすいいき)は、二子玉川 蔦屋家電で文学コンシェルジュを務める北田博充が、自分の売りたい本を、自分の手でつくって売る「ひとり出版社」です。これまでに2016年『これからの本屋』(北田博充 著)、2018年『落としもの』(横田創 著)、2019年 『多田尋子小説集 体温』(多田尋子 著)と3冊の本をつくり、今回刊行する太田靖久さんの『ののの』が4冊目の本です。
 
左から『落としもの』(横田創 著)、『多田尋子小説集 体温』(多田尋子 著)、『ののの』(太田靖久 著)

ほんの少し朝の光が満ちはじめた夜明け前の繁華街、
夢なのか現実なのか判然としないまどろみからの目覚めの瞬間、
通じているかどうかもわからない猫との会話。
僕は何かと何かが混ざり合う境界線が好きです。

朝と夜、大人と子ども、人間と動物、空想と現実、過去と未来、男と女、私とあなた。
その「あいだ」にはどんなものがあるのでしょうか。
書肆汽水域は、そんな好奇心を結実させるために本をつくります。
作り手と売り手の「あいだ」であり、売り手と読み手の「あいだ」である、
ひとりの本屋として。

http://kisuiiki.com/
https://twitter.com/shoshikisuiiki

 

STORE LIST

ストアリスト