【ARTIST NEWS】バンド・デシネ界の巨匠、メビウスのドローイング作品をご提案

 
 
 
フランスの漫画家メビウスのドローイング作品を販売開始
 
バンド・デシネ(Bande Dessinee/以下:BD)とは、フランス語圏の漫画のこと。
フランスにおいてBDは「第9の芸術」とされ、その特徴は、技巧に富んだ描写や鮮やかな色彩、判型にとらわれない書籍のサイズなどが挙げられます。日本では、『TINTAN(タンタン)』のエルジュや、エンキ・ビラル、ニコラ・ド・クレシーなどが有名なBD作家として知られています。

その中でもメビウスは、世界的に最も著名なBD作家であると言っても過言ではありません。
彼は、ファンタジーやSF作品を描くときはメビウス名義で、西部劇を描くときはジャン・ジャック・ジロー名義で作品を発表していました。平面のコマの中で質量や空間の拡がりを感じさせる線の描き方や、人やモノの描写のリアルさは、多くのクリエイターに影響を与えました。
 
日本では、宮崎駿、大友克洋、荒木飛呂彦、浦沢直樹などがメビウスの作品からの影響について発言しています。メビウスもまた、日本の作家から受けた影響を自身の作品に反映しており、漫画を共通項にフランスと日本を跨いだ交流が存在しています。
 
今回ご紹介するのは、メビウスが描いたラフスケッチです。なにかの作品のキャラクターを創作中の時のものだったのか、ページの中でのその人物の配置場所までを思案しているのが見て取れます。メビウスの代表的なSF作『アンカル』や、対照的な西部劇の『ブルーベリー』も思わせるような線画とキャラクターの表情です。
フランスでは、日本と異なり、原画や原稿をギャラリーで販売することが多々あります。メビウスの貴重なドローイング作品を、銀座 蔦屋書店でお楽しみください。
 
 
 
作品の紹介
 
 
メビウス キャラクタースタデイ №1

BD界の巨匠、メビウスが描いたラフスケッチです。
サイズ:30×22㎝
サイン:なし
 
※2020年2月初旬より販売予定。
価格については、それ以降にお問い合わせください。
 
 
メビウス キャラクタースタデイ №2

BD界の巨匠、メビウスが描いたラフスケッチです。
サイズ:30×22㎝
サイン:なし
 
※2020年2月初旬より販売予定。
価格については、それ以降にお問い合わせください。
 
 
メビウス キャラクタースタデイ №3

BD界の巨匠、メビウスが描いたラフスケッチです。
サイズ:30×22㎝
サイン:なし
 
※2020年2月初旬より販売予定。
価格については、それ以降にお問い合わせください。
 

 

 

作品に関してのお問合せはこちら→info.ginza@ccc.co.jp

 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト