EVENT SPACE

【展覧会】
Unbearable Lightness-堪えがたいほどの光

ART-GALLERY-THE-CLUB
ART GALLERY THE CLUB 2018年09月08日(土) - 11月10日(土)

この度、THE CLUBは、ジャッキー・サコッチオのアジア初となる個展「Unbearable Lightness-
堪えがたいほどの光」を開催いたします。

現在、ニューヨークとコネチカットを拠点として活動する彼女の作品は、メトロポリタン美術館やダラス美術館をはじめとする世界各国の美術館に収蔵されています。

サコッチオは、絵の具を滴らせた二つの巨大なキャンバスを、引きずり、刷り合わせることにより、キャンバス上に偶発的な網目模様を生み出します。これは不確かな自然のさまや、人間の心理をあらわしているかのようであります。さらにサコッチオは、そこに人工的なピクセル状の上塗りを重ねます。
サコッチオの作品において、キャンバスは描かれるものであると同時に、描くものでもあるのです。また、キャンバスによって生み出されるきわめて自然的な網目模様と、人工的なピクセル状の上塗りは、まるで互いに反発しあうかのように、絵画と鑑賞者の間の緊張感を生み出します。

J.M.W. ターナーの難破船の比喩、ジャン・デュビュッフェの生の筆致、白髪一雄をはじめとする具体のパフォーマンスペインティング、そしてヘレン・フランケンサーラーの荘厳さに影響を受け、サコッチオは自然と規律の関係性をよりいっそう鮮やかに描きだします。

本展覧会では、その身体的で激しい技法とは裏腹に、いくつもの絵の具の層が織り成す、光り輝く11点の新作と、2点の版画をご紹介いたします。


THE CLUB is pleased to present Unbearable Lightness, a solo exhibition of Jackie Saccoccio. This exhibition marks Jackie's first presentation in Asia and features eleven new paintings and two prints.

Saccoccio was born in 1963 in Providence, RI; lives and works in New York and Connecticut. Her works have been in museum collections worldwide, such as MET and Dallas Museum.

In new oil paintings in this exhibition, the allusion to the sublime is overt. By way of demandingly physical techniques, Saccoccio builds veils and layers to produce the skin of the painting. She drags and bounces massive, dripping stretchers over neighboring canvasses, using the stretched canvas as both drawing tool and paint recipient. The resulting calligraphic chance webbings are analogous to nature’s surfaces and the psychological and physical uncertainty that one encounters in nature. The subsequent overlay of a clumsy muscular pixilation counters the fluid aspect of gesture, creating a tension between nature and body, painting and viewer.

References abound throughout the paintings and prints, from J.M.W. Turner's distressed ship metaphor, Jean Dubuffet’s raw manipulation of surface, performative paintings of Gutai group including Kazuo Shiraga, and Helen Frankenthaler’s sublime pours. In all there is a disciplined adherence to beauty as a carrier of meaning.

【プロフィール】
ジャッキー・サコッチオ
1963年生まれ、ニューヨーク在住。
スクール・オブ・ザ・アート・インスティテュート・オブ・シカゴ及びロードアイランド・スクール・オブ・デザイン修了。アメリカン・アカデミー・ローマでのローマ賞、グッゲンハイム奨学金、フルブライト奨学金、シヴィテラ・ラニエリ・フェローシップなど多数の受賞歴を持つ。
過去にクローチェ現代美術館、ナーマン現代美術館で個展開催。シカゴ現代美術館、ジャクソンヴィル現代美術館、アディソン・ミュージアム・オブ・アメリカン・アート、RISD美術館、ローズ・アート・ミュージアムでのグループ展に参加。また主な収蔵先美術館にはメトロポリタン美術館やダラス美術館、サーチギャラリー、シカゴ現代美術館などがある。

JACKIE SACCOCCIO
JACKIE SACCOCCIO(b. 1963) is a NY-based artist.
She was educated at School of the Art Institute of Chicago (MFA) and Rhode Island School of Design (BFA). Saccoccio is the recipient of numerous awards and grants, including The Rome Prize at the American Academy in Rome; Guggenheim Grant; Fulbright Grant; and a Civitella Ranieri Fellowship.
She has exhibited nationally and abroad for the last 20 years. Solo exhibitions include Museo d’ Arte Contemporanea di Villa Croce, Genoa, Italy; Nerman Museum of Contemporary Art, Overland Park, KS. Group exhibitions include Museum of Contemporary Art, Chicago; London; MOCA Jacksonville, Addison Museum of American Art, MA; RISD Museum of Art, Providence; and The Rose Art Museum, Brandeis University, Waltham, MA. Her works have been in museum collections such as Metropolitan Museum of Art, New York, NY; Dallas Museum of Art; Dallas, TX, Saatchi Gallery, London, UK.

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■関連トークイベントも開催!
THE CLUBアーティストトーク ジャッキー・サコッチオ
----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------
■「THE CLUB」WEB : http://theclub.tokyo/
----------------------------------------------------------------------------------------------------

  • 会期 2018年9月8日(土) - 11月10日(土)
  • 時間 11:00~19:00(営業時間)
  • 場所 ART GALLERY THE CLUB
  • 主催 THE CLUB (銀座 蔦屋書店内)
  • 問い合わせ先 03-3575-5605
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

OTHER STORES

他店舗情報