【トークイベント】
「書の巨人・顔真卿が残したもの」
製硯師・青柳貴史×東京国立博物館 研究員・六人部克典

日本文化
BOOK EVENT SPACE 2019年 01月17日(木)
製硯師として、目下メディアにひっぱりだこの青柳貴史さん。祖父の代より硯をつくる家に生まれ、製硯師となってからは、硯の製作、修理、調整、文化財復元・復刻製作、改刻…と着々と仕事の幅を広げ、研究を深めていらっしゃいます。そんな青柳さんと、ご対談いただくのは、新年話題の特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」のワーキングメンバーで東京国立博物館の研究員・六人部克典さん。中国書法史を専門とし、東洋書跡の調査研究にたずさわっていらっしゃいます。
 
展覧会の主役、唐時代の書の巨人・顔真卿に思いを馳せながら、職人として、研究者としてそれぞれに「書」の世界を牽引する二人の若きエースが語り合います。
 
【参加条件】
銀座 蔦屋書店のオンラインショップにて、下記いずれかの対象商品をご予約・ご購入で参加いただけます。
・イベント参加券:2,000円/税込
・書籍付き(特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」図録)イベント参加:3,500円/税込
※書籍はイベント当日に店頭にてお渡しさせていただきます。
 
【申込方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
※オンラインショップでの受付は2019/01/16(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。
 
【注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
 
【プロフィール】
青柳 貴史(あおやぎ たかし)
製硯師として、日本、中国各地の石材、硯式、時代に対応した硯の製作、修理、調整、文化財復元・復刻製作、改刻、日本中国における硯の製造プロデュース、現地石材調査に従事している。2018年1月、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎日放送)に出演。2018年2月、個展「青栁派の硯展」開催。2018年7月、「switchインタビュー 市川猿之助×青栁貴史」(NHK)出演。近著に『製硯師』(来書)、『硯の中の地球を歩く』(左右社)。

六人部 克典(むとべ かつのり)
東京国立博物館研究員として、東洋書跡の調査研究・展示保管等に携わる。専門は中国書法史。
2019年1月16日より開幕する特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」にたずさわる。
近年執筆した論文
・「篆隷の再興と狂草の展開」『顔真卿と唐時代の書―顔真卿没後一二三〇年―』(公益財団法人 台東区芸術文化財団、2015)
・「明末清初の連綿趣味」『董其昌没後三八〇年 董其昌とその時代―明末清初の連綿趣味―』(公益財団法人 台東区芸術文化財団、2017)


  オンラインショップでの受付は2019/01/16(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。
  ※配送の無い商品(*1)のオンラインショップでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
   代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
    *1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。

  • 会期 2019年01月17日(木)
  • 時間 19:00~21:00
  • 場所 BOOK EVENT SPACE
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

OTHER STORES

他店舗情報