【フェア】Marc Newson aikuchi/限定販売
マーク・ニューソンが手掛ける日本刀の伝統と革新の融合

日本文化
日本刀ブース 2017年06月29日(木) - 03月31日(土)
日本国内では、銀座 蔦屋書店のみでの限定受注生産(世界限定10組)。2018年3月31日まで。

至高の美術品として世界に名高い「日本刀」は、刀身、鞘、柄などの刀装具までが、日本の伝統工芸技術の精緻な集積で成り立っています。
このたび伝統の刀に、現代随一のデザイナー/マーク・ニューソンが革新的な創造性を注ぎ込み、その共振する魂が生み出した、日本的感性の結晶である「aikuchi」が完成しました。

【商品詳細】
aikuchi
脇差と刀の二振りと、「岩谷堂箪笥」による刀掛け及び収納ケース (大小の刀には白鞘が付いております)。
価格:32,500,000円 (35,100,000円/税込)

二振りの刀身については、名匠「河内國平」を始めとする一門にて作刀いたします(店頭に一門の作品を展示しております)。
※限定受注生産となるため、お引渡しまで約10ヶ月ほどの期間を頂戴いたします。予めご了承ください。

【プロフィール】
Marc Newson (マーク・ニューソン)
オーストラリアのプロダクトデザイナー。流線型や円形を多用し、多様な色使いをするのが特徴。
家庭用品から家具、腕時計、自転車、車、ヨット、レストラン、飛行機の内装、建築、そして自身の彫刻作品と、ジャンルやスケールを超えた幅広いデザインでプロダクトモデルを数多く手掛け、ニューヨーク近代美術館やロンドンのデザインミュージアムの永久収蔵品に選ばれた作品も多数。現代デザイナーの中で最も成功を収め、影響力を持つ人物の一人。
日本に一時期在住していた彼は、日本の文化、職人達の技に、もの作りの観点から大いなる尊敬心を持っており、刃物に深い造詣を持つ彼にとって「日本刀」は憧れの存在でもあった。本作のデザインにあたり、日本で伝統工芸の現状や各職人の技に触れることができた結果、aikuchiは、日本の各職人達の技の特徴を魅力的に引き出しながらも、現代的なアートピースへと昇華させた作品となった。
  • 会期 2017年06月29日(木) - 2018年03月31日(土)
  • 時間 9:00~23:30(営業時間)
  • 場所 日本刀ブース
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 共催・協力 WOW (代表取締役 高橋裕士)
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト