【Christmas 2022】冬のしずく

雑誌
銀座 蔦屋書店 雑誌売場 2022年11月29日(火) - 12月12日(月)
森や深海、宇宙やミクロの繊細で透明な未知の世界を表現するガラス作家・柳原麻衣と、革での新しい表現を研究しながら、未知なる森の精霊たちの世界を制作する鞄職人・朝倉綱大の夫婦ユニットである『ko-ma(コーマ)』。
あたたかくて小さな灯りが灯る、冷たい氷のようなキャンドルを制作する『1/f candle(エフブンノイチキャンドル)』。
ガラスを通して見えるシルエットと、光を纏うことをテーマとしてジュエリーを制作する『_cthruit(シースルーイット)』。
冬の光が集まり、雫になってこぼれたようなガラス作品やキャンドル、ジュエリー、あやしげな革作品を展開し、透明な世界で森の精霊たちがきらきらと踊りだします。
クリスマスの特別なひとときに、不思議で繊細な世界を覗いてみてください。
 
 
【ko-ma】
鞄職人とガラス作家の夫婦ユニット
・柳原麻衣 ガラス作家
多摩美術大学工芸学科ガラス専攻卒業
バーナーワークを技法として、1500℃以上の高温の炎から作り上げていく
森や深海、宇宙やミクロの繊細で透明な未知の世界
・朝倉綱大 鞄職人
多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業
かばんの町、兵庫県豊岡市の鞄会社にて企画、工房勤務後独立
革での新しい表現を研究しながら、未知なる森の精霊たちの世界を作っています
 
 
【1/f candle(エフブンノイチキャンドル)】
北海道でキャンドルを作っています。
素材の良さを引き立たせる、シンプルなデザインの作品を作っています。
この度ご用意した氷のキャンドルは1/f candleの代表作です。
冷たい氷のようなキャンドルに灯る、あたたかくて小さな灯りをお楽しみください。
 
 
【_cthruit(シースルーイット)】
梅田香奈によるガラスのジュエリーブランド。
英語の“see through it”から名付けたブランド名通り、透明なガラスを通して見えるシルエットと光を纏うことをテーマとしています。一瞬の煌めきに宿る形をミニマムでありながら有機的なジュエリーで表現しています。2017年からはベルギーに活動の場を移し、2021年に再び日本を拠点に活動を再開。
 
 
>>11月26日追記
[販売について]
銀座 蔦屋書店 店頭にて2022年11月29日(火)10時30分 ~販売いたします。
 
《ko-ma 柳原麻衣・朝倉綱大の作品販売について》
11月29日(火)10時30分~12月4日(日)21時の期間、店頭にて一部作品の抽選エントリーを行います。
詳細は下記をご覧下さい。
 
【抽選エントリー期間】
11月29日(火)10時30分~12月4日(日)21時まで
【作品の陳列場所】
銀座 蔦屋書店雑誌売場のマガジンストリート沿い平台
【エントリー方法】
・店頭のみ
・お申込みの際は銀座 蔦屋書店のカウンタースタッフにお声掛けいただき、お渡しするエントリー用紙にご記入をお願いいたします
【ご応募の際の注意点】
・第三希望までお受付いたします
・販売数は、お1人様1点までとさせていただきます
・二重応募が発覚した場合はご応募を無効とさせていただきます
・転売目的でのご購入はお控え下さいますようお願いいたします
・キャプションに<抽選販売作品となります>と表記がある作品のみ、抽選販売対象となります
【抽選結果・作品の受け取りについて】
・抽選結果は12月13日(火)〜12月15日(木)の間に、当選者様のみにご連絡をいたします
・当選者様の作品受け取り期間は、弊店からの当選連絡後〜12月30日(金)21時までです
・当選後、直接ご来店いただいてのお支払い・お渡しとなります
・期日までにお支払いを頂けない当選者様に関しましては、自動キャンセルとさせて頂きますので予めご了承ください。
 
 
《1/f candleの商品販売について》
・購入数は、氷のキャンドル、ソーサー共にお1人様各1点までとさせていただきます。
・代引き販売は承っておりません。店頭のみでの販売となります。
 
 
《_cthruitの商品販売について》
・販売制限はございません。
  • 会期 2022年11月29日(火)~12月12日(月)
  • 時間 当店Webサイトをご確認ください。
  • 場所 銀座 蔦屋書店 雑誌売場
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト